パトリオット・デイ

ボストン、ケンブリッジ、モールデン、ニュートン、フレーミングハム(アメリカ)

作品概要

© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を、「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」でもコンビを組んだマーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグで映画化。
事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を、ウォールバーグ扮する刑事の視点から描く。

2017年6月9日公開上映館案内 関連商品

ストーリー

2013年4月15日、例年通り「愛国者の日」に開催される全米最古のマラソン大会に活気づくボストンの街。
50万人の観衆で会場が埋め尽くされる中、突然ゴール付近で大規模な爆発が発生。トミーらボストン警察の面々は事態を把握できないまま、必死の救護活動を行なう。そんな中、現場に到着したFBI捜査官リックは、事件をテロと断定。捜査はFBIの管轄になるが、犯人に対し激しい怒りを抱えるトミーは、病院に収容された負傷者たちから丁寧に話を聞いてまわる。やがて、監視カメラに映っていた「黒い帽子の男」と「白い帽子の男」が容疑者として浮かび上がる。

地ムービーポータルサイト:予告編ページ

地域ばなし

事件に巻き込まれた人々に配慮し、爆発シーンやその後の混乱を、実際のボイルストン・ストリートでは撮影せずにサウス・ウェーマスに実物大のボイルストン・ストリートのセットを作り上げて撮影しています。

また、ボストン・マラソンを再現することは不可能であったため、2016年4月18日に行われたマラソン大会を撮影することが特別に許可されています。

ウォータータウン近郊を撮影するためにフレーミングハム市が使われ、ボストンから北西へ8キロほどの場所にあるモールデンでウォータータウンでの銃撃戦の再現が撮影されました。

シモンズの演じるピュジリーズ巡査部長の実際の家や、彼が毎朝立ち寄っていた地元のダンキンドーナツでも撮影が行われました。

ロケ地

アメリカ(USA)
マサチューセッツ州 (Massachusetts)
ボストン(Boston):ボストン繁華街・エマニュエル大学(Emmanuel College)
ケンブリッジ(Cambridge):マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)
モールデン(Malden):ヒューオニールバー(Hugh O’Neill’s bar)・ニューヨークピザ(New York Pizza)・チャイナガーデンレストラン(China Garden Restaurant)
ニュートン(Newton):ラセル大学( Lasell College,Newton)
フレーミングハム(Framingham)
ドーチェスター、フェンウェイ、ホブキントン、ジャマイカ・ブレイン、クインシー、ロックランド、ウォータータウン、サウス・ウェーマス、ウォーバン、ピーボディなど

映画にちなんだもの

マラソン大会、テロ

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:ダンキンドーナツ

キャスト

マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン 

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

ボストン
42.338245,-71.048584

検索 作品・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す