別府市『遊べる温泉都市構想』:『湯〜園地』開園!次のプロジェクトは『温泉と音楽の融合イベント』か?!

大分県別府市

別府市『湯〜園地』:グランドフィナーレ
写真提供:別府市役所

大分県別府市が、2016年11月に“遊べる温泉都市構想”の取り組み第一弾として公開した「湯〜園地」計画公約ムービー。それが現実のものとなり、2017年7月28日〜31日、別府市で『湯〜園地』が開園されました。

地ムービーポータルサイト:『「湯〜園地」計画公約ムービー』紹介ページ

別府市は、これからも「遊べる温泉都市構想」に基づき、ワクワクするようなプロジェクトを打ち出す予定としていて、『湯〜園地』の次ぎのプロジェクトに注目したいところです。

ちなみに、『湯〜園地』グランドフィナーレで、別府市長からは「温泉と音楽を融合させたイベント!」という考えが述べられています。
(2017年8月24日現在、その後、特に目立った動きはまだありません。)

なお、『湯〜園地』開園における大分県外からの来場者をエリア別にみると、九州各県(特に福岡県)が最も多くなっていますが、関東圏(1都6県)からも全体の約15%と多くの人々が別府市に訪れ参加しています。

別府市の『湯〜園地』計画、計画当初からクラウドファンディングの活用などのを事前に決めていたわけではなく、プロジェクトを進めながら、臨機応変に対応し、無事に『湯〜園地』を開園、プロジェクトを成功させています。

『湯〜園地』開園までの流れ

2016年(平成28年)
10月下旬:「湯〜園地」動画を別府ラクテンチで撮影(市民約150人が参加)
11月下旬:温泉の魅力を検証し広く発信する「別府ONSENアカデミア」を 別府ビーコンプラザで開催
11月21日:「湯〜園地」動画の公開
11月24日:公開後3日間で動画再生100万回を達成

2017年(平成29年)
2月10日:クラウドファンディング開始
2月28日:クラウドファンディング1,000万円突破
3月22日:クラウドファンディング2,000万円突破
4月2日:遊べる温泉都市構想第1弾別府八湯温泉まつり「湯・ぶっかけまつり」の開催
4月10日:クラウドファンディング終了33,966,585円到達
4月12日:別府市公式HPにて直接、入園券を返礼品とする支援受付を開始
6月18日:ボランティア説明会を実施
6月27日:湯〜園地工事開始
7月5日:「温泉バブルジェットコースター」の試験運行公開、実施決定
7月21日:入園券を返礼品とする支援受付を終了。3日間で計8,312枚。
(入園券の内訳:29日:3,000枚、30日:3,000枚、31日:2,312枚)
(支援者の内訳:約7割は大分県外からの支援者 )
(支援金額:81,828,088円、7月21日現在)
7月24日:動画再生400万回を達成
7月29日:湯〜園地開園1日目入場者5,000人
7月30日:湯〜園地開園2日目入場者5,000人 
7月31日:湯〜園地開園3日目入場者4,000人
(ボランティア:3日間でのべ約1,200人。7月27日現在)

ゆかりの地図

別府市:ラクテンチ
33.274636,131.483127

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す