南瓜とマヨネーズ

東京都世田谷区・渋谷区・杉並区

作品概要

©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ。
日常のもつ普遍的な尊さと女性の繊細な心情をリアルに描いた、魚喃キリコの代表作『南瓜とマヨネーズ』。恋愛映画の金字塔として呼び声高い本作を鬼才・冨永昌敬監督が待望の実写映画化。 甘く切ない恋のほろ苦さ、人には言えない葛藤を描いた心に突き刺さる等身大の恋愛映画。

2017年11月11日公開
上映館案内

ストーリー

ツチダ(臼田あさ美)は同棲するミュージシャンの恋人・せいいち(太賀)との生活を支えるために、内緒でキャバクラで働き、生活費を工面していた。一方、無職で曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかし、ツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 そんな矢先、ツチダにとって今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョ-)と偶然、再会を果たす。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

2016年10月1日〜10月26日、東京・下北沢を中心とした都内近郊でロケーション撮影がされています。

ライブハウスは臼田まさ美さんがよく訪れていた「下北沢GARAGE」です。

原作は、当時のストリートファッションとカルチャーを牽引した雑誌『CUTiE』から派生した、『CUTiE Comic』(共に宝島社)にて1998年から1999年にかけて発表され、90年代の感度の高いユース・カルチャーのバイブル的存在となった恋愛漫画です。

ロケ地

東京都
世田谷区:下北沢GARAGE
渋谷区:渋谷・CLUB DEARS
杉並区:高円寺・きど藤(立ち飲み)

映画にちなんだもの

ミュージシャン、アパート、キャバクラ、吹奏楽、水泳、競泳水着、香港土産、蚊、捨てたお金、バーテンダー、バーベキュー、池尻のクラブ、亀屋万年堂

映画に出てくるグルメ

缶ビール(アサヒ・プライムリッチ、スーパードライ)、缶酎ハイ(もぎたて)、ウーロンハイ、果物

キャスト

臼田あさ美、太賀、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研、オダギリジョー

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

下北沢GARAGE
35.664566,139.667001

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す