おろしや国酔夢譚

サンクトペテルブルク・イルクーツク(ロシア)、北海道奥尻町・稚内市、青森県つがる市、徳島県鳴門市、三重県鈴鹿市

作品概要

果てしなき世界を知り、激しく時代を駆け抜けた男「大黒屋光太夫」

総製作費45億円の超大作!

 

DVD「おろしや国酔夢譚 特別版」
¥4,700+税
発売元・販売元:株式会社KADOKAWA、角川書店
©1992角川映画
関連商品

ストーリー

1782年、光太夫らを乗せた船が遭難。カムチャッカに漂流し厳寒の過酷な状況で生き残った6人はオホーツクに向かった。
しかし彼らの思いとは別にイルクーツクに辿り着く。ここで望郷の念を断つ者もあらわれた。
凍傷で片足を切断した庄蔵は洗礼を受けて帰化、若い新蔵はロシア女ニーナと恋に落ち姿を消した。
一方、光太夫は学者ラックスマンを通じ、果てしない世界や初めて見る文化に強い感動を覚える。
帰国への道が開かれぬ光太夫は最後の望みを賭けてエカテリーナ2世への直訴を決意、首都ペテルブルグに向かった。
ラックスマンの献身的な協力やペズボロドコ伯爵らの理解を得てついに女帝の心に通じ、光大夫ら3人は9年9ヶ月ぶりに帰国を果たした。
しかし、日本で彼らを待っていたものは・・・

地域ばなし

劇中にでてくる地名は、ロシアのツンベルク、シベリア、ペテンブルク、オホーツク海、ブラーシク、イルクーツク、プラハブルク、バイカル湖、日本の津軽、長崎、伊勢白子の海、蝦夷、江戸などです。

ロシアのイルクーツクに33万㎡のオープンセットが造られました。
(イルクーツクの約200年前の街を再現。)

極寒のシベリア大陸の横断ロケを敢行。

イルクーツクのエカテリーナ宮殿でロケが敢行せれました。
(当時の装飾品なども再現)

ロケ地

ロシア
サンクトペテルブルク:エカテリーナ宮殿
イルクーツク

北海道
奥尻町
稚内市

青森県
車力村(現:つがる市)

徳島県
鳴門市

映画にちなんだもの

台風、毛皮、アシカ、エトチョク、箸、地球儀、釘、漆喰、流木、キリシタン、流氷、熱病、トルコ、凍傷、ソリ、トナカイ

映級グルメ

シャケ(鮭)、トバ、茶、スープ、鳥、魚、肉

支援

撮影協力:
北海道奥尻町、青森県車力村、稚内港湾施設、檜山造船公社、三山工務店、海老原建設、吉永鉄工所、倉水建設、古牧温泉渋沢公園、徳島県立大鳴門橋架橋記念館、北海道さけ・ます増殖事業協会、
日ソ ツールストビューロー、アイティス ジャパン、日本映像、アートネイチャー 芸能事業部、三穂電気、東映コスチューム、大映スタジオ、IMAGICA、にっかつスタジオセンター、NK特機、他。

協力: 三重県鈴鹿市、FUJICOLOR、西本願寺、大和證券、他。

提携:日本テレビ放送網

キャスト

緒形拳、西田敏行、オレグ・ヤンコフスキー、ユーリー・ソローミン、エヴゲニー・エフスチグネーエフ、アナスタシヤ・ニェモリャーエワ、タチヤーナ・ミハリョーフキナ、ヴィクトル・ステパーノフ、オリヨーナ・アルジャニーク、マリナ・ヴラディ、江守徹、川谷拓、三谷昇、米山望文、沖田浩之、他。

スタッフ

監督:佐藤純彌
脚本:野上龍雄、神波史男、佐藤純彌
製作統括:木暮剛平
製作:山本洋、郡進剛
製作総指揮:徳間康快
プロデューサー:土川勉、桜井勉、アンドレイ・ゼルツァーロフ
原作:井上靖
音楽:星勝
撮影:長沼六男
照明:熊谷秀夫
美術:徳田博、ワレーリー・ユルケーヴィチ
録音:橋本泰夫
編集:鈴木晄

作品データ

ゆかりの地図

エカテリーナ宮殿 イルクーツク
59.716198,30.395608
59.716198,30.395608

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す