かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

鹿児島県阿久根市・出水市、熊本県八代市・水俣市、福岡県北九州市、東京都豊島区・新宿区・綾瀬市

作品概要

©2018「かぞくいろ」製作委員会

お義父さん
血のつながらないキミ
そして、何も持っていない私
3人の旅はいま始まったばかり。

 人生を鉄道になぞらえて描いてきた映画『RAILWAYS』シリーズ。
亡き夫の連れ子・駿也とともに、夫の故郷・鹿児島で鉄道運転士を目指す奥薗晶役に有村架純。 晶の義父で、鉄道を愛し、人生を捧げて生きてきた男・奥薗節夫役に國村隼。 このほか、桜庭ななみ、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高ら実力派俳優陣が集結。
物語のもうひとつの主人公である鉄道には、熊本県から鹿児島県を結ぶ、 “肥薩おれんじ鉄道”。
鹿児島県阿久根市など美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、 愛する人を失った家族の再出発を温かく描く。

2018年11月30日公開
上映館案内

ストーリー

わたしたちにしか描けない、家族のカタチ。 晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていくー。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

2013年、鹿児島の劇場「天文館シネマパラダイス」のこけら落としで『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』の上映イベントがありました。そこで、イベントの火付け役・島津公保さんと阿部秀司エグゼクティブプロデューサーとが出会い、「肥薩おれんじ鉄道」を舞台にした本作品が製作されることになりました。

撮影は、2018年1月10日から2月17日に、鹿児島、熊本、福岡、東京で行われました。

メインロケ地は、鹿児島県阿久根市です。

ロケーション撮影は東京でスタート、東京では5日間のロケがありました。
(バッティングセンタ(修平(青木崇高)が駿也(歸山竜成)に教えるシーン)、スーパー(晶(有村架純)・修平(青木崇高)が会うシーン)、跨線橋(こせんきょう)、病院、産婦人科、葬儀場など、十数シーンが撮影されました。)

三人が暮らす奥薗家のシーンは、鹿児島県阿久根市の大川にある一軒家でロケされました。

鹿児島県阿久根市でのロケでは、地元・商工会議所婦人部が、カレー・シチュー・豚汁・もつ鍋・鶏飯などの温かい炊き出しをしています。

「肥薩おれんじ鉄道」のホームのシーンは、八代駅・阿久根駅・出水駅・薩摩大川駅・水俣駅でロケーション撮影されました。

半成人式のシーンは、大川小学校の講堂でロケ撮影されました。(奥薗家のロケセットの近く。)

ロケ地

鹿児島県
阿久根市:大川小学校、牛ノ浜駅海沿いの道、薩摩大川駅、霧島神社、にぎわい交流館阿久根駅、スーパー・タイヨー阿久根店、大川・石橋、大川・川沿いの道、港橋、グリーンスポーツガーデン(バッティングセンター)
出水市:出水駅

熊本県
八代市:八代駅
水俣市:水俣駅

福岡県
北九州市:JR九州社員研修センター

東京都
豊島区:池袋・跨線橋(こせんきょう)
新宿区:新宿東口
綾瀬市:医療法人社団慈広会 矢崎胃腸外科

映画にちなんだもの

気動車、ディーゼル、おれんじ食堂、ブルートレイン、はやぶさ、半成人式、くも膜下出血、イラストレーター、つわり、バッティングセンター

映画に出てくるグルメ

さつまいもカレー(カレーにサツマイモ(薩摩藷))、ニンジン(人参)、阿久根牛乳 松茸(マツタケ)、芋焼酎

支援

特別協賛:出水酒造
協賛:鹿児島県阿久根市、映画「かぞくいろ」制作を応援する会
撮影協力:肥薩おれんじ鉄道、九州旅客鉄道

キャスト

有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

肥薩おれんじ鉄道:薩摩大川駅
肥薩おれんじ鉄道:薩摩大川駅

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す