ぼんとリンちゃん

東京都 秋葉原・渋谷

作品概要

(c)ぼんとリンちゃん

『ももいろそらを』で鮮烈なデビューを飾った小林啓一監督、待望の新作で描くのは、腐女子とオタクの”愛と正義”。

2014年9月20日公開
上映館案内

ストーリー

地方都市に暮らし、年齢は16歳と42カ月と自称している四谷夏子(通称・ぼん)は、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃんを連れ戻すため、ボーイズラブやアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ・友田鱗太郎(通称・リン)とともに東京へやってくる。2人はネットゲームで知り合った友人に協力を仰ぎ、ロールプレイングゲームでボス戦に挑む勇者パーティのごとく、3人でみゆちゃんの家に突撃するが……。

地域ばなし

ディレクターのお話によると、ロケハンをしている頃から、”ロールプレイングゲーム”みたいなものをイメージし、最初は建物の中や地下街(ゲームのダンジョン)を進んでいた二人が、団地を訪れるシーンでは半分外に出て、道玄坂をあがっていくシーンで歩く、全編を通して地下から塔に上がっていくイメージを大切にされたそうです。

ロケ地

東京都
渋谷:道玄坂交番
浅草:地下街

映画にちなんだもの

BL、腐女子、同人誌、コミケ、アダルトゲーム、ボーカロイド、初音ミク、すーぱーそに子、痛部屋、アキバ

映級グルメ

メイド喫茶の食事

キャスト

佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、まつ乃家栄太郎/桃月庵白酒

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

秋葉原 渋谷
35.698719,139.773016
35.659461,139.701726

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す