ウトヤ島、7月22日

ウトヤ島(ノルウェー)

作品概要

(c) 2018 Paradox

2011年、7月22日。ノルウェー連続テロ事件。
ウトヤ島での無差別銃乱射事件の一部始終を、リアルタイムの72分間ワンカットで映像化。

2019年3月8日公開
上映館案内

ストーリー

2011年7月22日、午後5時過ぎのウトヤ島。ノルウェーの首都オスロから北西40キロに位置するこの島では、毎年の恒例行事であるノルウェー労働党青年部のサマーキャンプが催されていた。参加した大勢の若者たちはキャンプを心から楽しんでいたが、少し前にオスロ中心部の政府庁舎で爆破事件が発生したとの知らせが届き、かすかな動揺が広がっている。そんななかカヤ(アンドレア・バーンツェン)は、電話の向こうで不安げな母親に「ここはウトヤ島よ。世界一安全だから何も心配いらないわ」と言い聞かせた。豊かな自然に囲まれたウトヤ島は、まさしくこの世の楽園のような場所に思えた。  

無数のテントが張られたキャンプ場で妹エミリア(エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン)と気まずく口論を交わしたカヤは、ワッフルを食べている仲間たちと合流する。「イスラム系組織の仕業じゃなければいいけど」「テロかどうかもわからない。ただのガス爆発かも」「アルカイダの可能性もある」「憶測で言うべきじゃないわ」。そんなふうにお互いの意見をぶつけ合い、誰かが「バーベキューはまだかな」とつぶやいた直後、遠くから何かが爆発したような音が聞こえてきた。すると爆発があった方角から、数人の若者がこちらへ猛然と走ってくる。「逃げろ!」。カヤは慌てて仲間たちと建物の中に避難するが、周囲の誰ひとりとして事態を把握できていない。絶え間なく鳴り響く音は銃声のようであり、少しずつカヤたちがいる建物のほうへ迫りつつあった。

「こっちに来る!」。その場に居合わせた全員が一斉に外へ飛び出し、カヤは転倒して足にケガを負った友人を支えながら必死に走った。そして森に駆け込み、数人の仲間とともに木陰に身を隠す。銃声に混じって人の叫び声も聞こえてきた。そこに頭から血を流した少年が新たに逃げ込んできて、「犯人は警官だ。警官が人を撃っている」と信じがたいことを証言する。「撃たれた人は?」「たくさんいる」。誰もがかつて経験したことのない恐怖に身を震わせていた。ここにジッととどまり続けるべきか、それともどこかへ逃げるべきか。困難な選択を迫られるなか、カヤには別の重大な心配事があった。

やがて仲間たちは水辺に向かって走り出すが、カヤはひとり反対の方角にあるキャンプ場へ向かう。黄色のセーターを着ている妹のエミリアを捜すためだ。しかし、おそるおそるたどり着いたテントにエミリアの姿はなく、森の中に舞い戻ったカヤは泣きじゃくりながら母親に電話をかけた。「どうしよう。エミリアがいないの……でも、大丈夫。必ず見つけるから……パパもママも愛してる」。そう言い残してカヤは、エミリアを捜すために再び走り出した。このとき最初の銃声からすでに30分近く経過していたが、なぜか警察が助けにやってくる気配はない。銃声と悲鳴が飛び交う悪夢のような極限状況のもと、あてどなく島のあちこちを駆けずり回るカヤの行く手には想像を絶する光景が広がっていた……。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート・ロケ地

ノルウェーでは各政党ごとに青年部があり、夏になると若者たちを集めてサマーキャンプを開催する習慣があります。

犯人のブレイビクはウトヤ島で労働党青年部のキャンプが行われる7月22日に狙いを定め、オスロで爆破を実行したのちに車で移動し、警官に成りすましてボートで島へ上陸。何の罪もない少年少女を、ライフルと小銃で手当たり撃つという犯行に及びました。

本作は、事実を理解するためにするために広範なリサーチを行っていますが、ドキュメンタリーではなく、事実を元にした架空の物語となっています。

ロケーション撮影は、事件が起こったウトヤ島でなく、似た特徴を持つ、近くの別の島で行われています。

「実際に事件が起きた場所で撮影することには利点もありますが、感情的に複雑だと感じる人がいることに対して、深い敬意を払いたいと思い、別の場所での撮影を選択しました。」(エリック・ポッペ監督)

 

映画にちなんだもの

テロ、「トゥルー・カラーズ」 (True Colors:シンディ・ローパーの曲)、死ぬまでにしたい10のこと

映画に出てくるグルメ

バーベキュー、ワッフル、ケバブ

キャスト

アンドレア・バーンツェン、エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン、ジェニ・スヴエネビク、アレクサンデル・ホルメン、インゲボルグ・エネス、ソロシュ・サダット、ブレーデ・フリスタット、アーダ・アイド、カロリーヌ・シャウ、タマンナ・アグニホートリ、トルケル・ドンマースネス・ソルダル、マグヌス・モエン、マリアンヌ・グジェルスバック、ダニエル・サン・トラン、ソルベイ・コルエン・ビルクラン

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

ウトヤ島
ウトヤ島

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す