クライ・マッチョ

ニューメキシコ州 ベレン、ポルバデラ(アメリカ)

 

 

クレジット:© 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:ワーナー・ブラザース映画
予告編配信の使用許諾権:地ムービー
公開日:2022年1月14日(金)

地域ばなし・ロケ地:
アメリカ(USA)
ニューメキシコ州(New Mexico)
ベレン(Belen)
ポルバデラ(Polvadera)

2022年1月14日公開
上映館案内

クリント・イーストウッド監督デビュー50周年記念
映画『クライ・マッチョ』2022年1月14日(金)公開決定

クリント・イーストウッド監督デビュー50周年にあたる2021年、映画監督作品は40作目となる記念すべき節目に、映画『クライ・マッチョ』の公開が2022年1月14日(金)に決定しました。

クリント・イーストウッドの最新作『クライ・マッチョ』は、N・リチャード・ナッシュの「CRY MACHO」(1975年発刊)を原作に、イーストウッド自身が監督・主演・製作を務めています。

「昔の俺はすごかった。だが今は違う」「男は皆マッチョに憧れる。強さを見せつけたくて」と少年に話すマイクの言葉は、まるでイーストウッド本人が現代社会に生きる私たちに向けて語りかけているメッセージのようにも感じられ、常に第一線で活躍し時代を生き抜いた男=イーストウッドがたどり着いた、「本当の強さ」とは何かという答えを、今を生きる全世代に温かく届ける物語であることがうかがえます。

イーストウッド監督の数々の代表作を彷彿とさせる物語はまさに集大成、かつ、今までの作品とは異なる側面を持ち合わせた新境地。待望の新作が、いよいよ日本公開となります。

作品データ

クレジット:© 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
製作年:2021年
公開日:2022年1月14日(金)
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Cry Macho
オフィシャルサイト: https://wwws.warnerbros.co.jp/crymacho-movie/

ストーリー:

人生に失敗した元ロデオスター。親の愛を知らない少年。出会うはずのなかった二人の壮大なメキシコ横断旅には、 予想外の困難と思いがけない新しい出会いが待ち受けていた。2人が最後に見つけた“新たな生きざま”とは――?

監督・主演・製作:クリント・イーストウッド
原作:N・リチャード・ナッシュ「CRY MACHO」
脚本:ニック・シェンク(『グラン・トリノ』『運び屋』)、N・リチャード・ナッシュ
製作:アルバート・S・ルディ(『ゴッドファーザー』『ミリオンダラー・ベイビー』)、ティム・ムーア(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)、ジェシカ・マイヤー(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)

出演:クリント・イーストウッド、エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラヴェン(『コラテラル・ダメージ』)、ドワイト・ヨアカム(『ローガン・ラッキー』)、フェルナンダ・ウレホラ(『ブルー・ミラクル』)

ゆかりの地図

ニューメキシコ州 ベレン
ニューメキシコ州 ベレン

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す