ジェミニマン

ブダペスト(ハンガリー)、ジョージア州サバンナ、ティビー・アイランド、グレンビル、ペムブローク、バターミルク・サウンド (アメリカ)、カルタヘナ(コロンビア)、リエージュ(ベルギー)ミラマー(ニュージーランド)

作品概要

© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

製作ジェリー・ブラッカイマー×監督アン・リー×主演ウィル・スミス。近未来アクションエンターテイメント超大作。

 

ストーリー

ウィル・スミス演じる史上最強のスナイパー:ヘンリーは、政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される。 自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せない最強のターゲットをヘンリーは追い詰めるが、襲撃者の正体が秘密裏に作られた“若い自分自身”のクローンだという衝撃の事実を知り、政府を巻き込む巨大な陰謀に巻き込まれていく…。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

アン・リー監督のこだわりにより、ヨーロッパ、北米、南米と世界を股にかけてロケ撮影が行われた作品です。 

欧州の古都、ハンガリーのブダペストでは、セーチェーニ温泉や、童話の世界から飛び出したようなヴァイダフニャディ城といった爽やかで可愛らしい観光地でも激しいアクションの撮影が行われました。

アメリカ南部のジョージア州サバンナでは、広大な自然も伝統の息づく町並みもたっぷり収録されています。

バイクチェイスシーンは、コロンビアのカルタヘナでロケーション撮影されました。400年前の壁の上でバイクを走らせています。歴史を刻んできた強固な壁は大迫力のアクションにもビクともせず、ここで撮影されたウィルvsウィルのバイクチェイスシーンは本作で最も迫力のある完成度となっています。

コロンビアのカルタヘナは、カリブの海賊たちの襲撃やスペイン人支配に抵抗し”英雄都市”と称される歴史を持っています。その過程で要塞化した港から街の建造物群まで全体が世界遺産に登録されています。南米でも屈指の歴史的観光都市です。

本作のロケ地となった、ハンガリーの首都・ブダペスト、アメリカ南部の湾岸都市・ジョージア州サバンナ、カリブ海を代表する世界遺産であるコロンビア・カルタヘナでの撮影の様子を捉えた特別映像も公開されています。

劇中には、ベルギーのリエージュ駅、ジョージア州バターミルク・サウンド、パリ、パナマ、クウェート、バーレン、ソマリア、イエメン、コロンビア、フィラデルフィア、アトランタなどの地名(地域)が登場します。

背景を重視し、画面の隅々までクオリティに妥協を許さずに世界中でロケが敢行されています。新次元の映像体験<3D+ in HFR>の極限をいっそう高めているのが、色鮮やかで美しい街並みです。

ロケ地

ハンガリー(Hungary)
ブダペスト(Budapest):セーチェーニ温泉(Széchenyi Thermal Bath)、マーチャーシュ聖堂(Matthias Church)、漁夫の砦(Fisherman’s Bastion)、ヴァイダフニャディ城、ドナウ川(Danube River)河岸、マルギット島(Margaret Island)、マルギット橋(Margaret Bridge)、国会議事堂(Hungarian Parliament Building) 英雄広場(Heroes’ Square)、セーチェーニ鎖橋(Chain Bridge)

アメリカ(USA)
ジョージア州
サバンナ(Savannah)
ティビー・アイランド(TYBEE)
グレンビル(Glennville)
ペムブローク(Pembroke)
バターミルク・サウンド(Buttermilk Sound)

ベルギー(Belgium)
リエージュ(Liège):リエージュ=ギユマン駅(Liège-Guillemins Railway Station)

コロンビア(Colombia)
カルタヘナ(Cartagena)

【スタジオ】
ハンガリー
ブダペスト:オリゴスタジオ(Origo Studios)

【ポストプロダクション施設】
ニュージーランド(New Zealand)
ミラマー:Park Road Post Production

映画にちなんだもの

クローン人間、羊のドリー、生物兵器、プライベートジェット、PTSD、盆栽、テロリスト、スカイプ、分子生物学者、FORDの車、モータボート、釣り

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
ビール、コカコーラ、バドワイザー、ポテトチップス、ラテ、 マルガリータ、シリアル食品

キャスト

ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン

スタッフ

監督:アン・リー
脚本:デビッド・ベニオフ ビリー・レイ ダーレン・レムケ
製作:ジェリー・ブラッカイマー、デビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャー
製作総指揮:チャド・オマン、マイク・ステンソン、ブライアン・ベル、グォ・グワンチャン、ドン・マーフィ
原案:ダーレン・レムケ、デビッド・ベニオフ
音楽:ローン・バルフェ
撮影:ディオン・ビーブ
美術:ガイ・ヘンドリックス・ディアス
衣装:スティラット・アン・ラーラーブ
編集:ティム・スクワイアズ
視覚効果監修:ビル・ウェステンホファー

作品データ

クレジット:© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
製作年:2019年
公開日:2019年10月25日
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
上映時間:117分
映倫区分:G
原題:Gemini Man
オフィシャルサイト:https://geminiman.jp

ゆかりの地図

セーチェーニ温泉
セーチェーニ温泉

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す