ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩

岩手県一関市、東京都新宿区・渋谷区・千代田区、宮城県登米市

作品概要

(c)「ジャズ喫茶ベイシー」フィルムパートナーズ

その男は、レコードを演奏する。
「確かに便利な世の中になっているようだ 音楽も持ち歩ける時代だ
しかし便利を優先して感動を置き忘れてはいないか?」

日本独自の文化であり、世界が注目する“ジャズ喫茶”。岩手県一関市で50年営業を続ける「ベイシー」には、連日菅原が生み出す“音”を求め、日本のみならず世界中からジャズファン・オーディオファンが訪れる。より良い音を再現するため、菅原は、開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムに日々調整を重ねる。故に、菅原が不在で営業したことは1日たりとも、ない。そうして生み出された音は、聴く者に、演奏者がその場に現れたかのような錯覚を起こさせる。本作では、菅原がかける名だたるプレイヤーのレコードを、アナログ録音の伝説的名器「ナグラ」で生収録。菅原が再生する極上の音が、「ベイシー」の空気感も含めて収められている。

2020年9月18日公開
上映館案内

 

ストーリー

本作は菅原のインタビューを中心に、渡辺貞夫、坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマンなど世界的なミュージシャンによる「ベイシー」での生演奏や、阿部薫、エルヴィン・ジョーンズの貴重な生前のライブ映像、さらに各界著名人らのインタビューで綴られる。
本作のために、5年にわたりのべ150時間もの映像を撮り続けたのは、本作が初監督となる星野哲也。バーのオーナーであり、クリエイターでもある。親交の深い彼だからこそ捉えられる菅原の素顔が収められている。
菅原正二の考える「ジャズ」、そして「ジャズな人」とは? ジャズファンはもちろん、ジャズを知らずとも、菅原自身の魅力を通して、ジャズ・オーディオの世界に引き込まれていく。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

日本には、約600店のジャズ喫茶があります。

メインロケ地は、岩手県一関市にあるジャズ喫茶「ベイシー」(BASIE)です。

ジャズ喫茶「ベイシー」で、女優・鈴木京香さんが出演した映画「愛と平成の色男」(森田芳光監督、1989年)のロケ撮影が行われました。

ロケ地

岩手県
一関市:ジャズ喫茶「ベイシー」(BASIE)

東京都 
新宿区:DUG(ダグ)、DIG、カフェ・コットンクラブ高田馬場
渋谷区:渋谷スクランブル交差点
千代田区:秋葉原ラジオ会館、東京国際フォーラム

宮城県
登米市:ELVIN

映画にちなんだもの

ジャズ、ジャズ喫茶、コーヒー、タバコ、JBLのオーディオシステム、レコード、LP、CD、ウィリアム・“カウント”・ベイシー(William “Count” Basie)、エルヴィン・ジョーンズ(Elvin Jones)、阿部薫、柴田錬三郎、今東光、野口久光、色川 武大、渡辺貞夫、坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマン、小澤征爾、山本直純、安藤忠雄、アンプ、英国製スピーカー、早稲田大学ハイソサエティオーケストラ、蓄音機、カルーソー、カストラート(去勢された男性歌手)、アッサンドロ・モレスキ、森田芳光監督「愛と平成の色男」(1989年)、フリージャズ、自由、アミーゴ(電動スクーター)、バリアフリー、ヘンリー・セルマー・パリ

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:コーヒー、寿司、オムレツ、カレーライス

支援

映像提供:
岩手めんこいテレビ、安藤”カルソスアンドーネ”吉英 安藤組の皆様、東宝ステラ日映アーカイブ、青池憲司、テラビマンユニオン、松竹株式会社

協力:
ELVIN JONES JAZZ MACHINE,INC、石山修武、岩手ジャズ喫茶連盟、釜石タウンホール、キッチン吉田、株式会社クリップス、未来音楽音響研究所有限会社、盛岡のCafe Jazz 開運橋のジョニー、早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ、他

キャスト

菅原正二、島地勝彦、厚木繁伸、村上“ポンタ”秀一、坂田明、ペーター・ブロッツマン、阿部薫、中平穂積、安藤吉英、磯貝建文、小澤征爾、豊嶋泰嗣、中村誠一、安藤忠雄、鈴木京香、エルヴィン・ジョーンズ、渡辺貞夫 (登場順)ほか ジャズな人々

スタッフ

監督:星野哲也
エグゼクティブプロデューサー:亀山千広
プロデューサー:宮川朋之、古郡真也
編集:田口拓也

作品データ

ゆかりの地図

ジャズ喫茶ベイシー
ジャズ喫茶ベイシー

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す