ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

サンフランシスコ、オアフ島、アトランタ(アメリカ)、バレッタ、メリーハ、ビルグ、ペムブローク(マルタ共和国)、メリット、アッシュクロフト(カナダ)、ケンブリッジ、オックスフォード、アイバー(イギリス)、ドロミーティ(イタリア)

作品概要

(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

1993年に幕を開けた『ジュラシック』シリーズの最終章。
我々の住む世界に放たれた恐竜たち。地球を支配するのは人類か恐竜か、それとも共存という夢はかなうのか?
過去作へのオマージュ溢れるシーン、人気恐竜のほかに羽毛恐竜や地上最大の肉食恐竜などの新種恐竜も登場。
恐竜(ヴェロキラプトル)のブルーが、子供のベータを連れてスクリーンへ帰ってくる。

2022年7月29日公開
上映館案内

 

ストーリー

〈ジュラシック・ワールド〉のあった島、イスラ・ヌブラルが火山の大噴火で壊滅、救出された恐竜たちは、世界中へと放たれてしまった。 あれから4年、人類はいまだ恐竜との安全な共生の道を見出せずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、人里離れた山小屋で暮らしていた。そこで二人が守っているのは、14歳になったメイジー(イザベラ・サーモン)、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女だ。

ある日、オーウェンは子供を連れたブルーと再会する。ところが、何者かによって、ブルーの子供が誘拐される。オーウェンはブルーに「俺が取り戻してやる」と約束し、クレアと共に救出へ向かう。 一方、サトラー博士(ローラ・ダーン)は、世界各地から恐竜を集めて研究をしているバイオテクノロジー企業の巨人バイオシンをある目的から追っていた。そこへグラント博士(サム・ニール)も駆けつけ、マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)に協力を求める。 人類と恐竜の共存の前に立ちはだかる、バイオシンの恐るべき計画とはー? オーウェンとクレア、そして3人の博士は大切な命とこの世界の未来を守ることが出来るのか?

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域・建築ばなし・プロダクションノート

本作品は、恐竜が地域に封じ込められた状態でないため、世界各地でロケーション撮影が行われています。

撮影では、ブルースクリーンよりもセット、セットよりもロケが優先されています。

恐竜は、アニマトロニクス(生物を模した人形やロボットを使って撮影する技術)、パペット、VFX(ビジュアルエフェクツ)を組み合わせて制作されています。

地中海のマルタ島、イタリア北西部のドロミーティ山脈、アメリカの太平洋岸北西部・サンフランシスコ・テキサス州西部・ユタ州など、世界各地でロケが敢行されました。

マルタ島のロケーション撮影は、マルタ島の世界遺産の市街「バレッタ」にある宿舎「オーベルジュ ドゥ カスティーユ」近くの広場、その周辺で行われました。

バレッタ市街は、ユネスコの世界遺産のため、細心の注意を払って撮影が行われました。

バレッタでのアクションシーンは、街並み全体をLiDERスキャナ(レーザー光の反射を利用して物体・建築・地形の距離を読み取る機能)で記録し、デジタルで3Dに再現し、恐竜のアクションを、それに挿入しています。

マルタ島の市街「ベレッタ」の屋上でのチェイスシーンは「マルタ海事博物館」の屋上などでロケ撮影されました。

恐竜のアクションシーンの多くは、カナダのブリティシュコロンビア州でロケ撮影されました。

イアン・マルコム博士の講義シーンは、イギリスのオックスフォード大学ウォルフソン・カレッジの教室でロケ撮影されました。

バイオシン社のシーンは、イギリスのオックスフォード大学ブラヴァトニック公共政策大学院の新校舎でロケーション撮影されています。ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計した建築物です。

本作品は、35ミリと65ミリのフィルムで撮影されました。(VFXに余裕を持たせるため、一部の夜のシーンはデジタル撮影されています)

本作品では、112のセット撮影が行われています。

ロケ地:都市・地域・施設(建築物・土木構造物)

アメリカ(USA)

カリフォルニア州(California)
サンフランシスコ

ハワイ州(Hawaii)
 オアフ島(O’ahu)

ジョージア州(Georgia)
アトランタ(Atlanta)

マルタ共和国(Malta)
バレッタ(Valletta):オーベルジュ ドゥ カスティーユ、マルタ海事博物館
メリーハ(Mellieha)
ビルグ(Birgu)
ペムブローク(Pembroke)

カナダ(Canada)
ブリティッシュコロンビア州(British Columbia)
メリット(Merrit)
アッシュクロフト(Ashcroft)

イギリス
ケンブリッジシャー州(Cambridgeshire)
ケンブリッジ:オックスフォード大学「ウォルフソン・カレッジ」

オックスフォードシャー州(Oxfordshire)
オックスフォード:オックスフォード大学「ブラヴァトニック公共政策大学院」

イタリア
ドロミーティ山脈

【スタジオ】
カナダ(Canada)
ブリティッシュコロンビア州(British Columbia)
バーナビー(Burnaby):ブリッジスタジオ(The Bridge Studios)

イギリス(UK)
イングランド(England)
バッキンガムシャー州(Buckinghamshire )
アイバー(Iver Heath):パインウッド・スタジオ(Pinewood Studios)

映画にちなんだもの

恐竜(ヴェロキラプトル、ギガノトサウルス、ティラノサウス・レックス、ディロフォサウルス、テジノサウルス、プロラブトル、ケツァルコアトルス、ディメトロドン)、人類、遺伝子工学、遺伝子組み換え技術、古生物学、クローン、地球環境、気候変動、食糧危機

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:アイスティー、カプチーノ、エナジーバー

キャスト

クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、BD・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

マルタ島バレッタ
マルタ島バレッタ

戻る
作品検索 タイトル・人・etc.
作品
映画のなかの
建築
インタビュー
予告編
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す