ツユクサ

静岡県西伊豆町・東伊豆町・松崎町、栃木年足利市、千葉県富津市・南房総市・鋸南町・木更津市・館山市、東京都日野市・中野区

作品概要

©2022 映画『ツユクサ』製作委員会

今を、明るく、元気に、前向きに生きる人たちに贈る、どこにでもある大人のおとぎ話。 過去を抱えて幸せを見失っても、少し立ち止まってまた歩き出す。 ちょっとコミカルで、じんわり心に沁みるホッコリした映画。

2022年4月29日公開
上映館案内

 

ストーリー

とある小さな田舎町で暮らす芙美(ふみ)。
気の合う職場の友人たちとほっこり時間を過ごしたり、うんと年の離れた親友の少年と遊びに出かけたり、ある日、隕石に遭遇するというあり得ない出来事を経験したり。そんなふうに日々の生活を楽しく送るなかで、ときおり見え隠れする芙美の哀しみ。彼女がひとりで暮らしていることには理由があって、その理由には“ある哀しみ”があって、そして草笛をきっかけに出会った男性と恋の予感も訪れて……。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域・建築ばなし・プロダクションノート

映画のストーリー上の舞台は静岡県西伊豆町です。

平山秀幸監督は、映画の舞台は海辺のきれいな街を考えていて、ロケハンで西伊豆を訪れた時にイメージが浮かびましたとコメントしています。

西伊豆町でのロケ撮影は3週間ほど行われました。シーンの7割程度を占めていて、宇久須港、黄金崎、大浜海岸などがロケ地になっています。

ストーリー上の舞台である静岡県西伊豆町をメインに、静岡県東伊豆町・松崎町、栃木県足利市、千葉県富津市・南房総市・鋸南町・木更津市・館山市、東京都日野市・中野区などでロケーション撮影されています。

浴用ボディータオルの工場で働くシーンは、栃木県足利市「タツネ株式会社」で撮影されました。

抹茶のかき氷、あんみつを食べるシーンは、東京都中野区「薬師あいロード商店街」の冨士見野でロケ撮影されています。

ロケ地:都市・地域・施設(建築物・土木構造物)

静岡県
西伊豆町:宇久須港、宇久須海岸、黄金崎、大浜海岸、なぎさの湯
東伊豆町:東伊豆町健康福祉センター
松崎町

千葉県
富津市:イオンモール富津
南房総市
袖ケ浦市:富分スーパー伊藤

鋸南町
木更津市:スナッククール
館山市:極洋船舶工業株式会社

栃木県
足利市:タツネ株式会社

東京都
日野市
中野区:薬師あいロード商店街、冨士見野

映画にちなんだもの

断酒の会、隕石、宇宙、草笛、交通誘導員、歯医者、ラジオ体操第一、サーフィン、再婚、転勤、釣り、太極拳、浴用ボディタオル、パンティー、伊豆珪石、八幡神社

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
ルートビア、ナポリタン、ゴーヤ、抹茶のかき氷、あんみつ、ミックスナッツ、パイナップルケーキ、おにぎり、サンドイッチ、お弁当、玉子焼き、シチュー、パン、ジャム、ハンバーグ、ポテトサラダ、アイスクリーム(メロン・バニラ)、モロヘイヤ

支援

撮影協力:
タツネ株式会社、東海工業株式会社、渡辺工務店、西伊豆町、ロケさぽ西伊豆、松崎町企画観光課、森ペン、黄金崎ダイブセンター、なぎさの湯、西伊豆クリスタルビューホテル、東伊豆町、東伊豆町健康福祉センター、伊豆急行株式会社、千葉県フィルムコミッション、菊地歯科医院、ニーゴーゴ^、日本大学理工学部航空宇宙工学科阿部研究室、富津市、富分スーパー伊藤、大原興商、CAINZ、イオンモール富津、オートバックス富津、保田漁協、南房総市、極洋船舶工業株式会社、日野映像支援隊、東京都日野市、冨士見野、薬師あいロード商店街、LAPIN、木更津ロケーションサービス、スナッククール、ホテルバリシアン、Shuttterstock、ゲッティ イメージズ

エキストラ協力:
エキストラ.com、西伊豆町の皆さま、東伊豆町の皆さま、富津市役所の皆さま、タツネの皆さま

特別協賛:
株式会社Alba、タツネ株式会社、西伊豆町、西伊豆町観光協会、株式会社古川組 静岡支店

キャスト

小林聡美、平岩紙、斎藤汰鷹、江口のりこ、桃月庵白酒、水間ロン、鈴木聖奈、滝川鯉昇、渋川清彦、泉谷しげる、ベンガル、松重豊

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

宇久須港
宇久須港

戻る
作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
映画のなかの
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
クローズアップ
地図で探す