デリシュ!

ブルゾン、コンク=アン=ルエルグ、パリ(フランス)、ベルギー

作品概要

©︎2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

美食の国、フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った男の爽快な人間ドラマ。

1789年、フランス革命前夜。宮廷料理人マンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、主人である傲慢な公爵(バンジャマン・ラベルネ)に解任される。

失意を抱えた彼は、息子(ロレンゾ・ルフェーブル)を連れて実家に帰る。ある日、料理を学びたいという謎めいた女性ルイーズ(イザベル・カレ)が現れる。

彼女の助けと息子の協力を得たマンスロン は料理を作る喜びを再び見出し、世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むとことに。店はたちまち評判となり、公爵が訪れることに…。

貴族と庶民が同じ場所で食を共にすることが考えられなかった時代に、世界で初めての「レストラン」はいかにして生まれたのか!?

フランス革命と共に訪れる「食の革命」、世界初のレストラン誕生の秘密が今明らかになる。

2022年9月2日公開
上映館案内

 

ストーリー

1789年、革命直前のフランス。誇り高い宮廷料理人のマンスロンは、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、主人である傲慢な公爵に解任され、息子と共に実家に戻ることに。

もう料理はしないと決めたが、ある日彼の側で料理を学びたいという女性ルイーズが訪ねてくる。はじめは不審がっていたマンスロンだったが、彼女の真っ直ぐな想いに触れるうちに料理への情熱を取り戻し、ついにふたりは世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むことになる。

店はたちまち評判となり、公爵にその存在を知られてしまう…。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域・建築ばなし・プロダクションノート

18世紀のフランスでは、料理人は料理を複製することが求められ、何も発明することができませんでした。

地中からの作物は、食用でなく、ハンセン病などの病気をもたらすと教会によって断定されていました。

地中からの作物であるジャガイモやトリュフは悪魔の産物と考えられていました。

ロケ地:都市・地域・施設(建築物・土木構造物)

フランス (France)
カンタル県(Cantal)
ブルゾン(Brezons)

アヴェロン県(Aveyron)
コンク=アン=ルエルグ (Conques-en-Rouergue):Abbaye Sainte-Foy、Porte de Fer

パリ(Paris)

映画にちなんだもの

レストラン、フランス料理、宮廷料理人、フランス革命

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
デリシュ、ウズラ、七面鳥、トリュフ、じゃがいも、キュウリウオ、ワイン、チーズ、オムレツ、ブイヨン、栗のスープ、くるみ、マッシュルーム、人参、ミント、テリーヌ、パン、コーヒー、シナモン、マヨネーズ

キャスト

グレゴリー・ガドゥボワ、イザベル・カレ、バンジャマン・ラベルネ、ギヨーム・ドゥ・トンケデック

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

ブルゾン
Brezons

戻る
作品検索 タイトル・人・etc.
作品
映画のなかの
建築
インタビュー
予告編
このエントリーをはてなブックマークに追加
地ムービーシー
地図で探す