ハッパGO GO 大統領極秘指令

モンテビデオ(ウルグアイ)、デンバー、ニューヨーク、ワシントンDC(アメリカ)

作品概要

(C)Loro films

​「世界一貧しい大統領」ホセ・ムヒカ前大統領も出演 。
南米の小国ウルグアイから生まれた、パワフルなハッパ映画。

2019年7月13日公開
上映館案内

ストーリー

麻薬密輸業者を排除し、国産大麻を栽培するまで新たな供給ルートを探せ。
南米のウルグアイ政府が世界で初めてマリファナを合法化。当時のホセ・ムヒカ大統領は「麻薬密輸業者(ナルコス)と戦うための大いなる実験だ」と法案に署名し、国が栽培と販売を統括し、薬局で1グラム1ドルで売ると発表した。 薬局を営むアルフレドは、苦しい経営状況を打開するために、早速、試験販売として、ブラウニーにマリファナを混ぜて売り始める。噂が噂を呼び、薬局には長蛇の列。テレビが取材に訪れるまでになったが、実は、密売業者からマリファナを入手していたことがバレて、逮捕され、独房に入れられる。
一方、法案成立から数ヶ月たっても、栽培が始まらず、人々は徐々に不満をつのらせ、議会に押し寄せるようになっていた。任期満了を控えた大統領は、国外の供給ルートを探ることにし、独房にいたアルフレドに釈放と引き替えに、歴史的なオバマ大統領との会談までに米国でマリファナ50トンを手に入れろ、と極秘指令を出す。 母タルマと共に米国に渡るアルフレド。「ウルグアイ合法大麻会議所」をねつ造し、コロラド州デンバーで行われる420ラリーやカンナビスカップを通して、米国マリファナ業界に潜入する。垣間見える米マリファナ業界の事実。ウルグアイからの助っ人警察官タトと共に、果たして大統領のからの指令を遂行することができるのか?

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

ウルグアイのマリファナ合法化法案は国民の意見が分かれ、家族でさえ賛成と反対で対立していました。そんな時、ブレックナー監督たちは、「大麻入りブラウニー」販売薬局の動画(実際は大麻が入っていない)を、人々を和ませようとYouTubeにアップしました。すると、その動画は再生回数が100万を超えました。それが映画化につながっています。

アメリカからマリファナをラテンアメリカに輸入したらどうなるのか。奇想天外なテーマで、アメリカで約100時間に及ぶロケーション撮影が敢行されています。

ウルグアイでのロケ撮影は、首都モンテビデオとその近郊で行われました。
本作品は、ゲリラ撮影が数多く行われています。そのため、フィクションでありながら、ドキュメンタリーの要素もあり、これまでにない不思議な作品に仕上がっています。

例えば、「420ラリー」でスピーチするシーンはゲリラ撮影です。フィクション(作品のストーリー的には)でありながらドキュメンタリー(実態に「420ラリー」会場で起こった映像)でもあります。

ウルグアイの正式名称は、ウルグアイ東方共和国です。(人口340万人)

若き頃のホセ・ムヒカ前大統領はトゥパマロス(Tupamaros:平和的なデモに効果がないため武装した急進左派の都市型ゲリラ)として逮捕され、独房に入っていました。

ホセ・ムヒカ前大統領は、2010年に大統領になり、2012年リオの国連会議でのスピーチ、2013年のマリファナの合法化、2014年のノーベル平和賞ノミネートで世界へ話題を投げかけた大統領です。

ウルグアイ議会がマリファナ合法化法案を可決したのは2013年12月です。ホセ・ムヒカ前大統領は、「麻薬密輸業者(ナルコス)と戦うために、マリファナは国が統括し販売すべきだ。」と、2012年から提案していました。

【ウルグアイにおけるマリファナ合法化の状況】
・政府が行ったのは、データベースに登録し、許可を得た上での自宅栽培(6鉢/年480グラムまで)です。
・グループで育てるカンナビス・クラブへの入会が必要です。
・一人が使用できるのは週10グラムまでとなっています。
・1袋5グラムのマリファナが、実際に薬局で売られるようになったのは2017年からです。
・アムステルダムとは違い、ウルグアイにはマリファナカフェはなく外国人は購入できません。(2019年4月現在)
・マリファナ販売は2017年に始まりました。しかし、マリファナを販売する薬局とは取引を停止する、という国際銀行からの締め付けで、実際に販売している薬局が少ない状況です。(17店)
・2019年1月30日のウルグアイ政府(大麻規制局)の報告書によると、自家栽培、クラブ加入者、薬局での購入者登録をしている人は合計で43,694人となっています。

ロケ地

ウルグアイ(ウルグアイ東方共和国)
モンテビデオ(Montevideo)

アメリカ
コロラド州
デンバー:「420ラリー」会場、
ニューヨーク:タイムスズクエア、マディソン・スクエア・ガーデン、ブルックリン
ワシントンDC:ウルグアイ大使館

映画にちなんだもの

大麻、ウルグアイ、ホセ・ムヒカ大統領、マリファナ合法化法案、420ラリー(4月20日に行われるアメリカのコロラド州デンバーの4万人大麻ラリー)、カンナビス・カップ(オランダのアムステルダムで行われているマリファナ世界大会&品評会)、クラヴ・マガ(護身術)、ファミリー射撃センター、オバマ大統領、チャーリーブラウン、民泊、ルイス・アルベルト・スアレス(サッカー選手)、ディエゴ・フォルラン(サッカー選手)、フォルクスワーゲン・ビートル

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
ブラウニー、大麻ブラウニー、スープ、カボチャ(南瓜)、バーベキューのチキン、ピザ、マテ茶、シャンパン

キャスト

デニー・ブレックナー、タルマ・フリードレル、グスタボ・オルモス、イグナシオ・ロケ、ぺぺ・ムヒカ(前大統領友情出演)、他。

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

モンテビデオ
モンテビデオ

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す