パリに見出されたピアニスト

パリ、ピュトー(フランス)、ニューヨーク(アメリカ)

作品概要

(C)Re´cifilms − TF1 Droits Audiovisuels − Everest Films − France 2 Cinema − Nexus Factory − Umedia 2018

パリ、北駅。奇跡はその場所から始まった。
クラッシックの名曲とパリの美しい街並みの競演。

2019年9月27日公開
上映館案内

ストーリー

駅に置かれた1台のピアノ。マチューの楽しみは、自信を追う警察官飲めを盗んでそのピアノを弾くことだったl。ある日、音楽学校でディレクターを務めるピエールが、マチューの奏でる旋律に足を止め、耳を傾ける。その才能に強く惹かれたピエールは、マチューをピアニストに育て上げたいと声をかける。乗り気ではないマチューだったが、ピエールと“女伯爵”と呼ばれるピアノ教師エリザベスに手ほどきを受けることに。生い立ちに恵まれず、夢を持たずに生きてきたマシューは、周囲との格差や環境の壁にぶつかり、もがきながら、ピアノのみならず自身も成長していく。そして、彼に夢を託したふたりの大人たちもまた、図らずもマチューに影響を受け変化していく。マチューが拓く未来には、一体、何が待ち受けているのだろうかーー。

地域ばなし・プロダクションノート

本作品の舞台&ロケ地は、フランスのパリです。

ルドビク・バーナード監督が、パリのベルシー駅で電車を待っていた時に、ピアノを弾く青年(ショパンのワルツを弾く青年)を見かけたことが、本作品の着想の原点になっています。

「ラ・セーヌ・ミュージカル」、クラシックの音楽の殿堂「サル・ガヴォー」、ノートルダム大聖堂、サン・マルタン運河などでロケーション撮影が行われ、パリの日常が描かれています。

メインロケ地は、ブローニュ=ビヤンクールのセガン島にある「ラ・セーヌ・ミュージカル」とクルブヴォワの音楽院です。

ラストのコンクールのシーンは、クラッシック音楽の御殿「サル・ガヴォー」でロケ撮影されました。

デートのシーンは、ノートルダム大聖堂やサン・マルタン運河でロケーション撮影され、パリの姿を映し出しています。

ロケ地

フランス
パリ:パリ北駅、サン・マルタン運河、ノートルダム大聖堂、サル・ガブォー、マルセルブ通り(ピエールのアパルトマンがある通り)、ラ・モット=ピケ=ゲルネル通り(アンナのバースデー・パーティー会場)、ブローニュ=ビヤンクール、ラ・セーヌ・ミュージカル(コンセルヴァトワール外観・内観)

ピュトー:コンセルヴァトワール ジャン=バブチスト・リュリー(コンセルヴァトワール内部)

アメリカ
ニューヨーク

映画にちなんだもの

クラッシックの名曲:
J・Sバッハ「平均律クラヴィア曲集 第1巻 第2番 ハ短調 BWV.847」、リスト「ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調」、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18」、ショパン「ワルツ 第3番 イ短調 Op.34-2」、ショスタコーヴィチ「ピアノッ協奏曲第2番へ短調 Op.102」

ソルフェージュ(西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練)

コンセルヴァトワール(パリ国立高等音楽院)

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:ケバブ

支援

後援:フランス大使館、アンスティチェ・フランセ、ユニフランス

キャスト

ランベール・ウィルソン、クリスティン・スコット・トーマス、ジュール・ベンシェトリ

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

ラ・セーヌ・ミュージカル
ラ・セーヌ・ミュージカル

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す