ワン・セカンド 永遠の24フレーム

敦煌市(中国)

作品概要

(c)Huanxi Media Group Limited

1秒でもいい、娘の姿をこの目で確かめたい。圧倒的な映像美を背景に、娘への父の想いを描いた感動作。
文化大革命時代の中国を舞台に繰り広げられるノスタルジックで普遍的な物語と、広大な砂漠を大胆に映し出す圧倒的な映像美。フィルムの中にたった1秒だけ映し出されているという娘の姿を追い求める父親と、幼い弟との貧しい暮らしを懸命に生き抜こうとする孤独な少女。決して交わるはずのなかった2人が、激動の時代の中で運命的に出会い、そして彼らの人生は思いがけない方向へと進んでいくー。

2022年5月20日公開
上映館案内

 

ストーリー

文化大革命まっただなかの1969年、中国。造反派に歯向い、強制労働所送りになった男(チャン・イー)は、妻と離婚し、最愛の娘とも疎遠になってしまう。 数年後、22号というニュース映画に娘の姿が1秒間映っているという話を聞いた男は、娘を一目見たいがために危険を冒して強制労働所を脱出。逃亡者となりながらも砂漠の中を映画が上映される予定の村を目指して進んでいく。しかし、逃亡者は村へ向かう途中、大事なフィルムを盗み逃げ出す孤児のリウ(リウ・ハオツン)の姿を目撃する。 村までたどり着いた逃亡者は、すぐにリウを見つけ出し締め上げ、盗んだフィルムを映写技師のファン(ファン・ウェイ)に返すのだった。だがそんな時、村では大騒動が勃発!フィルムの運搬係の不手際で膨大な量のフィルムがむき出しで地面にばらまかれ、ドロドロに汚れたフィルムは上映不可能な状態に…。しかもその中には逃亡者が血眼で探していた、22号のニュース映画の缶があった。

果たして逃亡者は愛しい娘の姿を見られるだろうか?そして、追われ続ける彼の運命は―?

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域・建築ばなし・プロダクションノート

映画の設定上の舞台は、文化大革命時代の中国です。

映画にちなんだエピソードは、チャン・イーモウ監督の実体験が元になっています。

上映前のスクリーンに、観客が自転車や鶏などの影を映して遊んでいるシーンも、チャン・イーモウ監督の幼い頃の思い出です。

劇中の「フィルムを洗い・すすぎ・乾かすやり方」は、チャン・イーモウ監督が独学で発見した方法です。

リウ・ハオツンさんは、何千人もの高校生の中からオディションで選らばれました。チャン・イーモウ監督のヒロインを選ぶ条件として「独特の雰囲気があること」「強い目力」「女優としてまっさらな状態であること」を挙げています。

ロケ地:都市・地域・施設(建築物・土木構造物)

中国
甘粛省
敦煌市

映画にちなんだもの

フィルム、フィルム缶、ニュース映画、映写技師、電灯の笠、砂漠、文化大革命、造反派、強制労働所、悪質分子、労働改造所 中国映画「英雄子女」、中国映画「南征北戦」、民謡「花児」

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:ビャンビャン麺(ラー油入り)、ひまわりの種、ピーナッツ(落花生)、粥、

支援

Special thanks:敦煌市人民政府、甘粛阿充塞具国家沙漠公団、他。

キャスト

チャン・イー、リウ・ハオツン、ファン・ウェイ

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

敦煌市
敦煌市

戻る
作品検索 タイトル・人・etc.
作品
映画のなかの
建築
インタビュー
予告編
このエントリーをはてなブックマークに追加
クローズアップ
地図で探す