映画『カメラを止めるな!』ロケ地めぐり&上田慎一郎監督スペシャルイベント、ロケ地のSKIPシティで9/22開催(埼玉県川口市)

埼玉県川口市

 

埼玉県川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザで、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督を招いたトークショーと短編作品の特別上映会が開催されます。

「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ」は、『カメラを止めるな!』のロケ地の一つです。
(茨城県水戸市の芦山浄水場もロケ地です。)

埼玉県川口市と上田慎一郎監督の縁は、それだけにとどまらず、「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ」インキュベートオフィスに入居もしています。
(埼玉県のVR映像制作者の育成プログラムで初のVR作品『ブルーサーマルVR—はじまりの空—』もリリースしています。 )

映画『カメラを止めるな!』は制作費300万円、都内2館での公開から始まり、全国240館以上にまで拡大し、インディペンデントの低予算映画としては、まさに事件ともいえる作品になりました。

その作品がどうやって作られたのか。その謎を紐解きながら、これまでの上田慎一郎監督作の短編3作品も上映されます。

映画『カメラを止めるな!』ロケ地めぐり:
・テレビ局のシーンが撮影された映像ミュージアムを中心に、解説付きでロケ地を見学いただいた後、ロケ地マップを見ながら自由に探索。
撮影スポットでは、そのシーンの名台詞や迷台詞に加え、上田監督書き下ろしの撮影裏話などをパネルで紹介します。また、映像ホールでは映画の衣装を展示もされます。
【ロケ地(抜粋)】
・映像ミュージアム3階301スタジオ(テレビ局)
・彩の国ビジュアルプラザ1階階段(Vシネの撮影現場 )
・B街区(ドラマのリハーサル場所)

イベント開催概要

日時:9月22日(土)第1回10:00〜(9:30開場)/第2回13:30〜(13:00開場)
会場:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ4階映像ホール(埼玉県川口市上青木3-12-63)
登壇者:上田慎一郎監督、秋山ゆずき氏(女優)

定員:各回300名(全席自由席/完全入れ替え制)
参加費:映像ミュージアム入館料(大人510円/小中学生250円)

参加方法:
①事前申込(各回先着200名/9月20日締切※定員になり次第受付終了)
申込サイト→ http://bit.ly/ueda922

②当日券(各回先着100名/開場時間より映像ホール受付にて販売)

【スケジュール】
・第1回
09:30:開場 10:00〜11:25:『猫まんま』/『テイク8』/『恋する小説家』上映
11:25〜11:55:上田慎一郎監督トークショー
11:55〜12:25:解説付きロケ地見学タイム

・第2回
13:00:開場
13:30〜14:00:解説付きロケ地見学タイム
14:00〜14:30:上田慎一郎監督トークショー
14:30〜15:55:『猫まんま』/『テイク8』/『恋する小説家』上映

上田慎一郎|プロフィール

 1984年滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を制作し、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINAを結成。現在までに7本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。2015年、オムニバス映画「4/猫」の1編『猫まんま』の監督で商業デビュー。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている。最新監督作である初の劇場用長編映画『カメラを止めるな!』(2018年6月23日公開)は、第20回ウディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)にて《SilverMulberry Award(観客賞第二位)》を、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018では《ゆうばりファンタランド大賞》をそれぞれ受賞している。

ゆかりの地図

「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す