映画『今日も嫌がらせ弁当』実話&ロケ地は八丈島。2019年初夏全国公開。(東京都八丈町)

東京都八丈町・八丈島

クレジット:©映画「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

映画『今日も嫌がらせ弁当 』(主演:篠原涼子)に、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太が出演し、2019年初夏に全国公開と決定しました。

本作は、八丈島に住むシングルマザーかおりが、高校生で反抗期の娘・双葉に仕掛けたキャラ弁をめぐる母娘バトルの実話エッセイの映画化です。

ついに始まった娘の反抗期。生意気な態度や無視を繰り返す娘に対して“仕返し”をするべく、母親が選んだ武器は…お弁当!

娘の高校入学から卒業までの3年間にわたる母娘バトル。

実話のエッセイを基に、映画のオリジナルストーリーで展開。

八丈島の雄大な自然の中でのユーモラスな暮らしが生き生きと描かれます。

出演者コメント

佐藤隆太コメント:
母娘のやりとりがとにかく可愛らしくて、可笑しくて…そのなんとも言えない愛らしさに、最後はウルっときてしまいました。そしてやはり、自分が学生の頃に母が毎日朝早くから作ってくれていたお弁当を思い出しました。今では自分も父親になり、どちらかと言うと作る立場なので、ちょっと不思議な感覚もあって。渡す側の愛情と、受け取る側のちょっとした照れ、そしてワンテンポ遅れて伝わる感謝の気持ち。そんなお弁当を使ったキャッチボールの、どちら側の立場の方にも…それが現在進行形の方も、懐かしい思い出となっている方も共感して楽しんで頂ける作品になると思います。

松井玲奈コメント:
私は春先に八丈島でクランクインしました。私が演じた若葉は、母と妹がやりあう中、一種のムードメーカーとして明るく楽しく演じさせていただきました。篠原さんの娘役ということで、撮影前はどんな親子関係を作れるだろうかと少し不安もありましたが、一緒にお弁当を食べるシーンでご飯粒やのりを付けながら笑いあっていたら、いつのまにか本当の親子のような気持ちになれていたような気がします。妹である芳根京子ちゃんとのシーンでは、監督から「姉妹に見えた」と言ってもらえて、ホッと安心もしました。物語が自分と重なるところもあり、多くの人に共感してもらえる作品になっていると思います。

佐藤寛太コメント:
今作で、山下達雄役を務めさせていただきました佐藤寛太です。僕のシーンの撮影は全編八丈島で行わせていただきました。春の島風に吹かれ、天候にも恵まれ達雄というどこまでも真っ直ぐなキャラクターを演じさせていただくにあたり、これ以上無いという環境で塚本監督のもとノビノビとやらせていただきました。劇中で叩いている八丈太鼓は地元の太鼓チーム’よされ会’に撮影期間中毎日通い直接ご指導していただき、太鼓を通じて地元の方と繋がることができたのもとても思い出深いです。是非劇場でご覧ください。

作品データ

作品名:今日も嫌がらせ弁当
キャスト:篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、佐藤隆太
原作:「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊)   監督 ・脚本:塚本連平
配給:ショウゲート オフィシャルサイト:http://www.iyaben-movie.com
クレジット: ©映画「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

ゆかりの地図

八丈島
八丈島

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す