映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』予告編

東京都江東区・大田区・新宿区・世田谷区・港区、千葉県九十九里町・木更津市・山武市・千葉市、群馬県高崎市・渋川市、埼玉県越谷市・吉見町、神奈川県横浜市、栃木県佐野市、茨城県水戸市・鹿嶋市

 

クレジット:©2021 映画「夏への扉」製作委員会
配給:東宝、アニプレックス
予告編配信の使用許諾権:地ムービー
公開日:2021年2月19日

地域からの支援・ロケ地:
東京都江東区・大田区・新宿区・世田谷区・港区、千葉県九十九里町・木更津市・山武市・千葉市、群馬県高崎市・渋川市、埼玉県越谷市・吉見町、神奈川県横浜市、栃木県佐野市、茨城県水戸市・鹿嶋市

プロダクションノート・地域ばなし:

1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。世界初の映画化された作品です。

本作で、舞台が日本に再構築されています。

東京都江東区・大田区・新宿区・世田谷区・港区、千葉県九十九里町・木更津市・山武市・千葉市、群馬県高崎市・渋川市、埼玉県越谷市・吉見町、神奈川県横浜市、栃木県佐野市、茨城県水戸市・鹿嶋市でロケーション撮影されました。 東京都江東区の東陽町、豊洲、有明などでロケーション撮影が行われました。

東京都新宿区の「早稲田大学喜久井町キャンパス」がロケ地になっています。

千葉県九十九里町「九十九里ビーチタワー」、木更津市「木更津江川海岸潮干狩場」、千葉市美浜区などでロケーション撮影されています。

埼玉県越谷市の「埼玉県立大学」がロケ地になっています。

神奈川県横浜市「メモリアルグリーン」でロケーション撮影が行われています。

群馬県高崎市「高崎群馬音楽センター」・渋川市「渋川子育て支援総合センター」、栃木県佐野市「かたやま庵」、茨城県水戸市「水戸・旧芦山浄水場」・鹿嶋市など、首都圏各地でロケーション撮影されました。

2021年2月19日公開
上映館案内

作品データ

1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。 プロデューサーの小川真司氏が、「タイムトラベルものは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も含めて数々あれど、時間旅行ものというジャンルを確立させた本作は後の作品に大きな影響を与えた古典中の古典と言える」と語る、多くのハリウッド映画に影響を与えた伝説の小説が全世界の初の映画化。 本作では、舞台を日本に再構築。罠にはめられすべてを失った科学者が、1995年から2025年へ時を超え大切な人を救う物語を描く。

ストーリー:
将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

クレジット:
製作年:2021年
公開日:2021年2月19日
製作国:日本
配給:東宝、アニプレックス
オフィシャルサイト: https://natsu-eno-tobira.com/

キャスト

山﨑賢人、清原果耶、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨臨、原田泰造、藤木直人

スタッフ

監督:三木孝浩
脚本:菅野友恵
企画・プロデュース:小川真司、村田千恵子
プロデューサー:松橋真三、里吉優也
原作:「夏への扉」ロバート・A・ハインライン(著)/福島正実(訳)(ハヤカワ文庫刊)

音楽:林ゆうき
主題歌:LiSA「サプライズ」(SACRA MUSIC)
撮影:小宮山充
照明:木村匡博
美術:井上心平
録音:久連石由文
編集:和田剛

ゆかりの地図

九十九里ビーチタワー
九十九里ビーチタワー

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す