漁港の肉子ちゃん

宮城県石巻市・女川町、青森県

作品概要

©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

「生きてるだけで丸儲け」の明石家さんまが劇場アニメ映画を初企画・プロデュース。
いつも全力、底抜けの明るさでパワフルに生きる肉子ちゃん。そんな肉子ちゃんの口グセは「普通が一番ええのやで !」。と、いいながらちょっと“普通”ではない訳アリ母娘が、精一杯生きる愛おしい姿に、笑って泣けて、そっと 勇気をもらう感動のハートフルコメディ。

2021年6月11日公開
上映館案内

 

ストーリー

愛情深い性格ゆえに、これまでの人生、ダメ男ばかりを引き寄せては、何度もだまされてきた母・肉子ちゃん。

とんでもなく豪快で、子どもみたいに純粋な母に比べて、しっかりもので大人びた性格の小学5年のキクコ。

ふたりは肉子ちゃんの恋が終わるたびに各地を放浪し、北の漁港の町へと流れ着く。
漁港で途方にくれる母娘の胃を満たしたのは、一軒の焼き肉屋「うをがし」の焼肉だった。妻に先立たれ、店をたたもうとしていた店主・サッサンは、目の前に現れた肉子ちゃんを”肉の神様”だと思い、「決しておなかを壊さないこと」を条件に肉子ちゃんを雇いいれる。

こうして、サッサンが所有する漁港の船を住処に、肉子ちゃんとキクコの新しい生活が始まった……!

キクコは地元の小学校に転入する。土地の言葉をきちんと使い、運動神経がよく、まわりの友達から「かわいい」と言われることが多いキクコは、大阪出身でもないのに大阪弁で思ったことをすぐ口に出し、町中でマトリョーシカと噂される母・肉子ちゃんの存在を、最近ちょっと恥ずかしいと思っている。

一方、学校ではこの年頃特有の女子グループ間のやっかいな抗争に巻き込まれたり、風変わりな少年・二宮との出会いで、キクコは少しずつ成長し、この漁港の町をどんどん好きになっていく。

肉子ちゃんの次の恋が終わったら、またこの町を出て行かなければならない。

そんな不安がよぎるキクコと肉子ちゃんの大きな秘密が明らかになり……

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

原作「漁港の肉子ちゃん」は、西加奈子さんが宮城県石巻市と女川の漁港を訪れた後に書かれた物語です。

渡辺歩監督・スタッフは、想定の舞台(宮城県石巻市と女川の漁港)でのロケハンが難しかったため、青森県の太平洋側と日本海側の港町で取材をしています。そこでいくつか見て回った漁港の風景をミックスして、オリジナルの架空の町を作り上げています。

美術監督の木村真二さんは、フランスの小さな村を舞台にした映画『ショコラ』(2000) だ。「あの映画は、一組の母娘が知らない土地に流れてきて、チョコレート店を開店するという、すごくいい話で。 また色味も含めて、その町の雰囲気が素敵なんですよね。本作でも、そういうほのぼのとした田舎の風景を伝えられ ればと思いました」と話しています。

映画『となりのトトロ』(1988)をモチーフにしたシーン(肉子ちゃんとキクコがバス停で並んで立っているシーン)があります。『となりのトトロ』のバス停のシーンは、美術監督の木村真二さんも作画に参加していました。

肉子ちゃんとキクコが一緒にフレンチトーストの朝食を作るシーンは、映画『クレイマー、クレイマー』(1979)で、ダスティン・ホフマン演じる父と、その息子がフレンチトーストを作る感動的な名シーンのオマージュです。

劇中には、東北、大阪、名古屋、横浜、東京、神戸などの地名・地域がでてきます。

ゆかりの地(ロケハン、想定の舞台)

青森県

宮城県
石巻市
女川町

映画にちなんだもの

親子、大阪弁、関西弁、焼肉屋「うをがし」、漁港、グラスボート 神社、

トカゲ、ヤモリ、カエル、猿(サル)、セミ、ネコ、フラワーロック、夏祭り、金魚すくい、馬頭音、運動会、騎馬戦、前世、霊媒師、トイレットペーパー、サル、小学校クラスの女子分裂、仲間はずれ、スナック、お惣菜屋、

模型、トトロ、小説「ライ麦畑でつかまえて」(サリンジャー)、バスケットボール、小説「峠」、雪、「愛の賛歌」

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
フレンチトースト(食パン、卵、牛乳、砂糖、バター、はちみつ)、牛肉(ミスジ、みすじ、ロース)、肉焼きそばミートスパゲティ(ミートスパ、エリンギ入り)、メロンパン、クリームパン、ジャムパン、フランクフルート、屋台のイカ焼き、キリンラガービール、お好み焼き、おにぎり、サツマイモ、オレンジジュース、紅白まんじゅう、だんご(ダンゴ・団子)、シュウマイ(焼売)、駅弁

支援

宣伝協賛:
ファミリーマート、出前館、小僧寿し、名代富士そば、靴下屋、3COINS、大阪焼肉・ホルモン ふたご、じゃんぼ総本店、だがし 夢や、未来屋書店・アシーネ

キャスト

大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹、中村育二、石井いづみ、山西惇、八十田勇一、下野紘、マツコ・デラックス、吉岡里帆

スタッフ

監督:渡辺歩
脚本:大島里美
企画:明石家さんま
プロデュース:明石家さんま
原作:西加奈子「漁港の肉子ちゃん」(幻冬舎文庫 刊)
キャラクターデザイン:小西賢一
総作画監督:小西賢一
音楽:村松崇継
主題歌:稲垣来泉「イメージの詩」、吉田拓郎(作詞・作曲)、武部聡志(編曲)
サウンドプロデュース:GReeeeN (よしもとミュージック)
エンディングテーマ:GReeeeN「たけてん」(ユニバーサル ミュージック)
音響監督:笠松広司
演出:秋本賢一郎
色彩設計:伊東美由樹
CGI監督:中島隆紀
編集:廣瀬清志
アニメーション制作:STUDIO4℃

作品データ

ゆかりの地図

女川町
女川町

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す