男はつらいよ 第23作 翔んでる寅次郎
北海道千歳市

作品の概要

田園調布のお嬢さんを田園地帯の貧しい娘と勘違いしてしまう寅さん。ウエディングドレスを来たまま、若いマドンナがとらやに現れる。
『幸福の黄色いハンカチ』(77年)で、山田洋次監督と出会った桃井かおりの、ユニークなキャラクターをそのまま「男はつらいよ」の世界に登場させている。
何不自由なく育ってきたお嬢さんが、マリッジブルーに悩み、本当の幸せについて真剣に考える。その婚約者に布施明。二人がもう一度、お互いを意識し合う場面は、山本直純の音楽とともに、観客を幸福な気持ちへと誘う。

『男はつらいよ 翔んでる寅次郎』
DVD発売中 ¥3,990(税込)
発売・ 販売元:松竹
(c)1979 松竹株式会社

ストーリー

北海道で、支笏湖の旅館の若旦那(湯原昌幸)に、言い寄られていた入江ひとみ(桃井かおり)のピンチを助けた寅さん。結局、若旦那の宿に泊まり、マリッジブルーのひとみの悩みを聞いてあげる。
それからしばらくしたある日、ひとみは、婚約者の小柳邦男(布施明)との披露宴の当日、ホテルからウエディングドレスのまま逃げ出し、とらやへとやってくるのだが…

地域ばなし

第23作では寅さんが北海道千歳市支笏湖などを訪れました。

ロケ地

北海道千歳市
支笏湖(ひとみを若旦那の魔の手から助ける)
支笏湖湖畔(若旦那と再会)
支笏湖丸駒温泉旅館(若旦那の宿に寅さんとひとみが宿泊)

北海道白老郡
白老町 字虎杖浜 虎杖浜神社(ネクタイを啖呵売)

東京都千代田区
紀尾井町 ホテル・ニューオータニ(ひとみと小柳邦男の結婚披露宴)

東京都台東区
浅草  新世界脇(カーテンの啖呵売)

東京都葛飾区
柴又 川千家(結婚祝賀会で仲人に)

映画にちなんだもの・グルメ

カップ麺
(1971年に日本で初めて発売された。第17作『夕焼け小焼け』ではタコ社長がカップの天そばを食べるシーンがある)

歌「本居宣長の和歌」「止まり木」

キャスト

渥美清、倍賞千恵子、桃井かおり、前田吟、下條正巳、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、笠智衆、中村はやと、松村達雄、桜井センリ、戸川京子、犬塚弘、湯原昌幸、布施明、木暮実千代 ほか

スタッフ

作品データ

この作品にゆかりのあるところ

北海道千歳市 北海道白老町
北海道千歳市
北海道白老郡白老町




作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す