男はつらいよ 第3作 フーテンの寅
三重県湯ノ山温泉、鹿児島県種子島・霧島市

作品の概要

『なつかしい風来坊』(66年)など山田洋次作品の脚本を手がけた森崎東監督による第三作。
旅先の寅さんの姿が、活き活きと描かれている。宴会で余興を頼まれた寅さんが、又旅姿で「旅笠道中」に併せて、マドンナの名前「お志津!」と叫ぶ。
寅さんの純情がストレートに伝わってくる。香山美子扮する芸者と、その父で元テキヤの花沢徳衛をめぐるエピソードは、森崎作品ならではの味。

『男はつらいよ フーテンの寅』
DVD発売中 ¥3,990(税込)
発売・ 販売元:松竹
(c)1970 松竹株式会社

ストーリー

柴又に帰って来た寅さんを待ち受けていたのは、見合い話だった。相手は川千屋の仲居・駒子(春川ますみ)。彼女は寅さんの昔なじみで、亭主持ちということで、大騒動に。
それから暫くして、竜造とつね夫婦が、三重県の湯の山温泉へ旅行に行くと、なんと旅館で寅さんが番頭をしていた。
旅館の美人女将・志津(新珠三千代)に一目惚れして、居着いてしまったという…

地ムービーなわけ(地域との関わり)

第3作では寅さんが三重県湯ノ山温泉、鹿児島県種子島・霧島神宮などを訪れています。

映画のストーリー上の舞台

三重県湯ノ山温泉、鹿児島県種子島・霧島市など

ロケ地紹介

長野県 塩尻市
木曽奈良井の旅館 越後屋(風邪を引いている)

三重県三重郡
湯の山温泉の旅館 もみじ荘(番頭をする)
湯の山温泉 山岳寺(僧兵祭)
菰野町 御在所ロープウェイ(道子を連れ御在所岳の山上公園へ)

三重県 四日市市(コンビナートが見える染子の家)

鹿児島県 霧島市 霧島神宮(テレビ中継に寅さんが映る)

鹿児島 錦江湾(種子島行きの連絡船に乗っている)

映画にちなんだ商品・料理など

ラーメン(湯の山温泉の”つるや食堂”で染奴が芸者仲間と食べる)

電気コタツ(“もみじ荘”で寅さんが修理)

トレンチコート(寅さんがトレンチコートを羽織る)

歌「花笠音頭」(駒子と為吉の復縁披露で合唱)

この映画を支援した企業・団体・個人

三重県湯ノ山温泉の皆さま、鹿児島県種子島・霧島市の皆さま 他

キャスト

渥美清、倍賞千恵子、新珠三千代、、笠智衆、森川信、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、香山美子、河原崎健三、ほか。

スタッフ

作品データ

この作品にゆかりのあるところ

三重県湯ノ山温泉 鹿児島県霧島神宮
湯の山温泉駅(三重)
霧島神宮駅(鹿児島)

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す