純平、考え直せ

東京都新宿区、埼玉県越谷市・川口市

作品概要

Ⓒ2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

原作は、直木賞作家・奥田英朗の人気小説「純平、考え直せ」。
古くからの任侠の世界、現代のSNS、そして、いつの時代も変わらない若者たちの葛藤が一つの作品としてまとまり、化学反応を引き起こす。
「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」ふたりの青春、あと3日?! 未来なんて、クソくらえ――

2018年9月22日公開
上映館案内

ストーリー

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。
いつか〝一人前の男〟になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい〝鉄砲玉〟になることを洩らしてしまう。
手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。

「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した!
加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

東京都新宿区、埼玉県越谷市・川口市など、首都圏でロケーション撮影されました。

コインランドリーに居つくゲイ・ゴローを演じた佐野岳さんは「新宿二丁目に通って取材をしたりして、自分の中で“妖精”だと思うようにした。そういったアプローチで臨みました」と役作り述懐しています。

ロケ地

東京都
新宿区:歌舞伎町、成子天神社、EANDG HOTELS、KINGDOM QUEEN

埼玉県
越谷市:カラオケ Only you
川口市:BAR FreaQ out、フィリピンパブA2

映画にちなんだもの

任侠、SNS、ハンドルネーム、暴力団、チンピラ、歌舞伎町、コインランドリー、オートバイ

映画に出てくるグルメ

焼肉(和牛塩焼肉ブラックホール)

支援

撮影協力:
小柳不動産、EANDG HOTELS、、Hotel La Lung、成子天神社、神社にぎわい創出プロジェクト、KINGDOM QUEEN、BAR FreaQ out、フィリピンパブA2、青木商会、朝日自動車、和牛塩焼肉ブラックホール、カラオケ Only you、エリアリンク、藤森コーポ、フタミ商事、遠藤工務店、株式会社レントシーバー。YUNIKA VISION、他。

キャスト

野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人、森田涼花、木下愛華、やしろ優、下條アトム、二階堂智、片岡礼子

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

成子天神社
成子天神社

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す