蝉しぐれ

山形県庄内地方・茨城県水戸市・滋賀県彦根市・近江八幡市・新潟県松之山町

作品の概要

20年、人を想いつづけたことはありますか。

市井の人々の強さと優しさを描き続けた作家・藤沢周平の最高傑作を、鬼才・黒土三男が15年の歳月をかけて映画化。

青春、友情、父から子へ継承される人としての生き方、そしてひとりの人を思い続ける愛の物語が、美しい日本の風景の中で描かれる。

 

『蝉しぐれ プレミアム・エディション』
DVD発売中¥4,700(税抜)
発売元:電通/NBC ユニバーサル・エンターテイメント
 
 
DVD・ブルーレイ購入

ストーリー

江戸時代末期、東北の小藩・海坂(うなさか)藩。下級武士の父・助左衛門と母・登世と暮らす15歳の牧文四郎は、仲の良い友人と共に日々、剣術と学問に励んでいた。隣家の娘・ふくに文四郎は淡い恋心を抱いていたが、ふくもまた文四郎を慕っていた。
そんなある日、藩内の争いに巻き込まれた父は謀反の罪に問われ、切腹を言い渡される・・・。

地域ばなし

黒土監督は10年以上の歳月をかけて、日本の原風景を見つける為に自ら全国にまたがるロケハンを行いました。再考を繰り返す中で最終的に候補地を絞り込み、庄内・新潟・長野・彦根・近江八幡・京都・千葉・水戸と全国をまたぐ壮大な撮影が行われました。

また、山形県庄内地方の1万坪のスペース(元は山形の名産「だだちゃ豆」畑))に「オープンセット」を建設しています。このオープンセットは、山形の名山といわれる金峰山、母狩山、月山、鳥海山が一望に見渡せ、カメラアングルに現在の建築物が一切映りこまないように設計され、完成後、更に一年を通して風雨にさらし、自然の風合いを加えることにより、本物の瑕疵感を再現させています。建築物もさることながら、道端に生える雑草の数々まですべてが計算を元に植え込ました。

地域でおこったエピソード

庄内ロケ支援実行委員会と「蝉しぐれ」製作委員会は「普請組・組屋敷」オープンセットの保存を決定し、国史跡指定松ヶ岡開墾場の大蚕室を使用した映画「蝉しぐれ」資料館を一般公開しています。

映画のストーリー上の舞台

江戸時代、東北の小藩“海坂藩”。

ロケ地

山形県
羽黒山(文四郎が父に別れを告げる)
旧風間家住宅「丙申堂」の離れ(文四郎とおふくの再会)
庄内地方・羽黒町(「普請組・組屋敷」のオープンセットを建設)

滋賀県
西の湖(舟に乗る文四郎)
犬上郡の西明寺(磯貝を訪ねる文四郎)
八幡堀(文四郎、ふくが逃げる橋の下)
彦根城の大手橋

東京都
目黒区の八芳園(文四郎と逸平と与之助が話をしながら歩く夜)

千葉県
成田市の博物館「房総のむら」(藤次郎の家、文四郎が父の遺体を載せた荷車を引く)

茨城県
水戸市の弘道館(里村の屋敷の一室、文四郎と兵馬の奉納試合、道場帰り)

京都府
山科の随心院(里村家の屋敷と表側の道、文四郎とおふくが山林を逃げる)
左京区の真如堂(兵馬に斬られる青木)

長野県
松代の旧文武学校の道場(石栗道場での稽古)

映画にちなんだ商品・料理など

竹刀(文四郎の剣道)

支援

撮影協力: 山形県庄内総合支所、庄内広域行政組合、羽黒町、鶴岡市、櫛引町、庄内たがわ農協、庄内交通(株)、羽黒町商工会、羽黒町観光協会、出羽三山神社、鶴岡ワシントンホテル、国宝彦根城、東京第一ホテル鶴岡、八幡堀を守る会、長野市教育委員会、ながのフィルムコミッション、信州松代ロイヤルホテル、いばらきフィルムコミッション、弘道館、山形県川西町、新潟県松之山町、滋賀ロケーションオフィス、湖東三山西明寺、松ヶ岡農場、ほか。

キャスト

市川染五郎、木村佳乃、緒形拳、原田美枝子、大滝秀治、柄本明、加藤武、大地康雄、小倉久寛、緒形幹太、田村亮、今田耕司、石田卓也、佐津川愛美、ふかわりょう、羽黒町のみなさん、鶴岡市のみなさん、長野市松代中学校剣道部のみなさん、茨城県のみなさん他。

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

松ヶ岡開墾場 彦根城
山形県鶴岡市羽黒町松ケ岡字松ケ岡28
滋賀県彦根市金亀町1−1
庄内たがわ農協 水戸市 弘道館
山形県鶴岡市下名川字落合7
茨城県水戸市三の丸1丁目6−29

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す