赤い雪 Red Snow

山形県新庄市・大蔵村

作品概要

(C)2019「赤い雪」製作委員会

“人の記憶はこんなにも曖昧で、残酷なものなのか”
人は、強烈な体験の呵責、苦痛により、その間の記憶をすべて喪失することがあります。 犯罪者がやっていないと本気で思い込むことで、本当の記憶そのものを失ってしまう事もあると言います。また、一種の催眠作用で大昔の忘れていた事があるキーワードで呼び覚まされたり、 あるいはそのキーワードによって現在の記憶が空白になる事もあります。人間を過去から未来へ繋ぐものが記憶だとしたら、 その記憶とは実に曖昧であり、人生もまた曖昧といえるでしょう。
この作品は、雪の降る過去に同じ場所で同じものを目撃した人間達が、再び出会う事からはじまります。それぞれの「記憶」が氷解した先に見えるものとは何か? 私たちは、見たいものだけを見、記憶したいものだけを記憶し、時に黒を白に塗り替えている。 曖昧な記憶の裏側に、現代日本の抱える問題が見え隠れする壮大な人間ドラマです。 
記憶の拠り所だったはずの証言を、 容疑者の完全黙秘で失った「被害者の兄」と「容疑者の娘」の物語。 人間の「記憶」というものの曖昧さ、 そしてそんな「記憶」によってしか生きていることを実感できない人間の儚さ・残酷さを、 日本の美しい原風景・雪景色に重ね合わせて、観る者の心に突き刺さる映画となっています。
10年に1本と言われた脚本に、日本映画界屈指の俳優陣が集結しました。


映画原作本「赤い雪」
(甲斐さやか 著)

2019年2月1日公開
上映館案内

ストーリー

ある雪の日、一人の少年が忽然と姿を消した。 少年を見失った兄・白川一希(永瀬正敏)は、自分のせいで弟を見失ったと思いこみ、心に深い傷を負う。 少年誘拐の容疑者と疑われた女の周りでは次々と怪しい殺人事件が起こるが、真実は闇へと落ちていった。 30年後。 事件の真相を追う記者・木立省吾(井浦新)が容疑者と疑われた女の一人娘・江藤早百合(菜 葉 菜)を見つけ出したことにより、「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の歯車が大きく動き始める。 一つの事件で深い傷を負った人間の、曖昧な記憶を辿る葛藤の中に垣間見えた真実は、それぞれの運命を予想もしない結末へと導いていく。 それぞれの記憶が氷解した先に見えたものは何か。 全てを信じてはいけない。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

メインロケ地は、山形県新庄市・大蔵村肘折地区です。

山形県・新庄市・大蔵村の行政・団体・企業などから協賛協力がありました。

公開初日(2月1日)、ロケ地である山形県内の各地で公開記念舞台挨拶の開催されます。
開催会場は、新庄市「新庄市民文化会館」、東根市「フォーラム東根」、天童市「イオンシネマ天童」、山形市「フォーラム山形」・「MOVIE ON やまがた」です。

ロケ地

山形県
新庄市:
大蔵村:肘折地区

映画にちなんだもの

記憶、雪、豪雪地帯、陶芸、漆器、木地師、DV、空き缶、おもちゃの紙飛行機

映級グルメ

映画に出てくる食べ物:菓子、握り飯

支援

特別協力:
テアトル・ド・ポッシュ、東北芸術工科大学、他。

協賛協力:
山形県、新庄市、新庄市のみなさん、新庄フィルム・コミッション、新庄ふるさと歴史センター、おくやまストアー、新庄東山焼き、新庄信用金庫、北国ホーム、カムロ不動産、株式会社JPD、山屋セミナーハウス、スナック順子、鈴木整形外科医院、山長興業、マル勘建築、電気工事株式会社、新庄・最上地域シルバー人材センター、漆器工房 学、dice、山形県最上総合支庁、新庄演劇研究会、新庄観光協会、もがみ物産館、新国亭、株式会社柿崎工務所、小関興業、株式会社小松、おいしいファーム、沼澤工務店、(株)カキザキ ニュールランドホテル、セントラルホテル新庄、ポストホテル新庄、ビジネスホテルFUJI、アクーユ マリエ タメヒメ、有限会社仁三郎、株式会社月見 ホテルイン鶴岡、山形県大蔵村、肘折地区、肘折青年団、肘折温泉旅館組合、肘折温泉商店組合、大蔵村観光協会、亀屋旅館、若松屋 村井六助、ゑびす屋、三浦屋旅館、優心の宿 観月、大友屋旅館、式の宿 松屋、餅屋 九兵ヱ、(有)中島建設、肘折いでゆ館、他。

エキストラ協力:
新庄市の皆さま

ロケ協力:
新庄フィルム・コミッション、他

キャスト

永瀬正敏、菜葉菜、井浦新、夏川結衣、佐藤浩市、吉澤健、坂本長利、眞島秀和、紺野千春、イモトアヤコ、好井まさお

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

新庄市
新庄市

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す