青の帰り道

群馬県前橋市・桐生市、東京都中野区・新宿区・渋谷区、埼玉県川口市

作品概要

©映画「青の帰り道」製作委員会

7⼈の若者達の⻘春群像劇。
群⾺県前橋市と東京を舞台に、地元に残った者、夢を追って上京した者。
それぞれの⼈⽣が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、 新しい未来へ向かって進んでいく。

2018年12月7日公開
上映館案内

ストーリー

2008年、東京近郊の町でまもなく 高校卒業を迎える7人の若者たち。
歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。 家族と上手くいかず実家を出て 東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。 漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。 カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し 地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。 できちゃった婚で結婚を決めた コウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。 現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。
7人がそれぞれに大人への階段を上り始めて3年後、 夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者。
7人7様の人生模様が繰り広げられる。 そして、再び“あの場所”に戻った者たちの胸に宿る思いとは。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

 

地域ばなし・プロダクションノート

2016年8月に群馬県前橋市で撮影されていましたが、一度中断。
再び2017年8月に群馬県前橋市で撮り直しのロケが行われました。

メインロケ地は群馬県前橋市で、「前橋映画制作推進委員会」が特別協力しています。

 

ロケ地

群馬県
前橋市:六供町 京安寺公園、前橋公園、前橋メモリードホール、上毛電気鉄道
桐生市:桐生川ダム

東京都
中野区:川島商店街、室井果実店
新宿区:新宿駅南口、フォニックフープ
渋谷区:渋谷スクランブル交差点、ライブハウス RUIDO.K2

埼玉県
川口市:彩の国ビジュアルプラザ

映画にちなんだもの

青春群像劇、前橋、東京、ミュージシャン、医大、大工、シャッター商店街、スナック、マグカップ、原発再稼働、保険勧誘、政権交代・民主党、合格祈願(お守り)、振り込め詐欺

映画に出てくるグルメ

普通の居酒屋メニュー、ビール

支援

ロケーション協力:
山縣計品、(公財)前橋観光コンベンション協会、宮澤工務店、群馬県立 Comfort皇、フォニックフープ、川島商店街振興組合、Again、前橋メモリードホール、室井青果店、上毛電気鉄道、SAKURA internet、彩の国ビジュアルプラザ、RURDO.K2、村さ来、baseamp studios、他。

協力:上野国総社神社、民進党広報局、他。

特別協力:
前橋映画制作推進委員会(名誉会長 前橋市長 山本龍、会長 衆議院議員 上野宏史)

キャスト

真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

前橋市:六供町 京安寺公園
六供町 京安寺公園

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す