5月の花嫁学校

アルザス地方(フランス)

作品概要

© 2020 – LES FILMS DU KIOSQUE – FRANCE 3 CINÉMA – ORANGE STUDIO – UMEDIA

1967年、アルザス地方の花嫁学校。
パリから届いた”自由“の風に乗り、先生と生徒たちの革命がはじまる!?
フランスの名女優たちが奏でるカラフル&キュートな人生讃歌!

2021年5月28日公開
上映館案内

 

ストーリー

1967年。パリから遠く離れた田舎町ヴァン・デル・ベック家政学校では”完璧な主婦”を育成させるため今年も18人の少女達が入学した。

ある日、校長のポーレット(ジュリエット・ビノシュ)は、経営者である夫の突然の死をきっかけに学校が破産寸前であることを知り、なんとか窮地から抜け出そうと奔走する。

そんな中、パリで“5月革命”が勃発。フランス全土に抗議運動が広がってゆくのを目の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始め、ある行動に出ることを決意。果たして新生ヴァン・デル・ベック家政学校の運命やいかに!?

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

映画の舞台は、美しい街並みとぶどう畑で有名なフランスのアルザス地方です。

花嫁学校は、1968年に起きた五月革命から2年以内に、フランス全土から消滅しています。

ロケ地

フランス
グラン・テスト地域圏(REGION GRAND EST)
アルザス地方(Alsace)

映画にちなんだもの

花嫁学校、家政学校、良妻賢母、女性解放運動、五月革命、アイロンがけ、ネグリジェ、パジャマ、サン・ルイ製クリスタル、ピル、全自動洗濯機

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
うさぎ(ウサギ・兎)のソテー、ねず(ネズ・杜松)の実、シュナップスの蒸留酒、ジャガイモ、フランスパン、紅茶、クレープ、シュークルート、ミモザ卵

支援

協賛:
イル・ド・フランス地域圏(REGION ILE DE FRANCE)グラン・テスト地域圏(REGION GRAND EST)

キャスト

ジュリエット・ビノシュ、ヨランド・モロー、ノエミ・ルボフスキー、エドゥアール・ベール、フランソワ・ベルレアン、マリー・ザブコヴェック、アナマリア・ヴァルトロメイ、リリー・タイエブ、ポーリーン・ブリアン、アルメール

スタッフ

監督:マルタン・プロブォ
脚本:マルタン・プロブォ、セヴリーヌ・ヴェルバ
製作:フランソワ・クラウス、ドゥニ・ピノ=ヴァランシエンヌ
作曲:グレゴワール・エッツェル
撮影監督:ギョーム・シフマン
プロダクション・デザイン:ティエリー・フランソワ
衣装デザイン:マデリーン・フォンテーヌ
編集:アルベルティーヌ・ラステラ

作品データ

ゆかりの地図

アルザス地方
アルザス地方

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す