映画祭:『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』7/13~7/21 開催(埼玉県川口市)

埼玉県川口市

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』Official CM
配信の使用許諾権:地ムービー
クレジット:© 2017 SKIP CITY INTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All rights reserved

国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)の二部門3カテゴリーのコンペティション上映を中心とした、“若手映像クリエイターの登竜門”「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が、2019年7月13日[土]〜21日[日]の9日間、開催されます。

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、『凪待ち』の白石和彌監督、『長いお別れ』の中野量太監督、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『岬の兄妹』の片山慎三監督など、今や日本映画界のトップランナーに飛躍した監督や、新作を心待ちにされる監督たちを多数輩出しています。

今年のコンペティションは、国際コンペティション審査委員長に三池崇史監督、国内コンペティションに荻上直子監督を迎え、世界92の国・地域から応募された861作品から厳選した、国際コンペティション10作品、国内コンペティション(長編部門)5作品、国内コンペティション(短編部門)9作品が上映されます。

国際コンペティションのノミネート作品はすべて日本初上映となります。

また、上映後には、国内外から監督・プロデューサー・出演者らが来場し、Q&Aセッションや舞台挨拶に登壇します。

オープニングでは、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督と、同作にスタッフとして参加した浅沼直也監督、中泉裕矢監督が異例のトリプル監督で手掛けた話題作『イソップの思うツボ』を、8/16[金]の全国公開に先駆けてワールド・プレミアで上映。

また、本年は『トップランナーたちの原点』と題し、ジョージ・ルーカス、クリント・イーストウッド、スティーヴン・ソダーバーグ、三池崇史といった日米4巨匠の貴重なデビュー作を特集上映もあります。

なお、三池崇史監督の『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』では、上映後に三池崇史監督と主演の椎名桔平が登壇してのトークイベントが開催されます。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』開催概要

名 称:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 (第16回)
期 間:2019年7月13日(土)~7月21日(日) [ 9日間 ]
会 場: SKIPシティ、メディアセブン
主 催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
オフィシャルサイト:http://www.skipcity-dcf.jp/
クレジット:© 2017 SKIP CITY INTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All rights reserved

ゆかりの地図

SKIPシティ
SKIPシティ

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す