かぞくのくに
東京都足立区・台東区・荒川区・新宿区、千葉県習志野市、埼玉県志木市

作品概要

監督ヤン・ヨンヒが今なお北朝鮮で暮らす家族を想い書き下ろした<真実の物語>

実際に経験した者でなければ描けないなまなましい事態と感情を目の当たりにできる、今とても稀有な日本映画だと思う。観て良かった。
西川 美和(映画監督『夢売るふたり』)

DVD¥3,800(税抜)、発売・販売元:角川書店、(C)2011『かぞくのくに』製作委員会

ストーリー

兄が帰って来た。父が楽園と信じたあの国から。
病気治療のために3ヶ月間だけ許された帰国には見知らぬ男が監視役として同行していた。
微妙な空気に包まれる25年ぶりの家族団欒。奇跡的な再会を喜ぶかつての級友たち。
一方、治療のための検査結果は芳しくなく、3ヶ月では責任を持って治療できないと告げられてしまう。
必死で解決策を探す家族だったが、そんな矢先、本国から「明日 帰国するように」との電話が来るのであった…

地域ばなし

東京都足立区・台東区・荒川区・新宿区、千葉県習志野市、埼玉県志木市などでロケ撮影されました。
足立区千住の「喫茶アイビィ」はセットです。(元は工場で空き家。)

ロケ地

東京都
足立区:大門商店街睦会、千住大橋商店街
台東区:上野駅前一番街商店会、御徒町駅前通り商店会
荒川区:ジョイフル三ノ輪
新宿区:東京国際大学附属日本語学校
千葉県
習志野市:東京湾岸リハビリテーション病院
埼玉県
志木市:

映画にちなんだもの

ブタの貯金箱
サッカーボール
歌「白いブランコ」

映画に出てくるグルメ

キリンラガービール
キムチ
ハンバーグ
和牛

支援

撮影協力:
黒杉寿博、大門商店街睦会、千住大橋商店街振興組合、(株)林五、(株)東京デリカ、RIMOWA丸の内店、医療法人社団靖和会、林脳神経外科内科クリニック、林靖人、志木市役所、東京国際大学附属日本語学校、ジョイフル三ノ輪、手羽唐屋 旦八、(株)サンテレコムジャパン、上野駅前一番街商店会、御徒町駅前通り商店会、HINOYA、千葉県フィルムコミッション、習志野市、台東区フィルムコミッション、ニューベリー、東京湾岸リハビリテーション病院、足立成和信用金庫、SARIE。

キャスト

安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン、宮崎美子、津嘉山正種、京野ことみ、大森立嗣、村上淳、省吾、諏訪太朗

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

足立区:千住 新宿区:東京国際大学附属日本語学校
東京都足立区千住
東京都新宿区高田馬場4丁目23−23

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す