必死剣鳥刺し
山形県鶴岡市・遊佐市、宮城県登米市、静岡県掛川市、埼玉県飯能市、神奈川県小田原市、新潟県村上市

作品の概要

死ぬことさえ、許されない。ならば、運命を斬り開くまで。
策略、裏切り、運命の不条理— 全てを断ち切る壮絶な殺陣。
過酷な運命の中で男は何を貫こうとしたのか。
豊川悦司主演で描く、藤沢周平[隠し剣]シリーズの傑作を見事映像化!
壮絶な殺陣が繰り広げられるラスト15分が、見事、時代劇映画の歴史を変えた。

(C) 2010「必死剣鳥刺し」製作委員会

『必死剣鳥刺し』にちなんだもの

ストーリー

あの日、あの時、何かが狂い始めた―。
時は江戸。東北は海坂藩の物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾・連子(関めぐみ)を城中で刺し殺した。最愛の妻・睦江(戸田菜穂)を病で喪った三左エ門にとって、失政の元凶でもある連子刺殺は死に場所を求めた武士の意地でもあった。
が、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになる。腑に落ちない想いを抱きつつも、身の周りの世話をする亡妻の姪・里尾(池脇千鶴)の献身によって、一度命を棄てた男は再び生きる力を取り戻してゆく。
ある日、中老・津田民部(岸部一徳)から秘命を受ける。藩主家と対立しているご別家の帯屋隼人正(吉川晃司)から藩主を守れというものだった。そして待ち受ける隼人正との決着の日。三左エ門は、想像を絶する過酷な運命に翻弄されていく。

地域ばなし

撮影は原作者である藤沢周平の出身地である山形県鶴岡市を中心に行われました。宮城県登米町にある武家屋敷「春蘭亭」、静岡県掛川市にある「掛川城御殿」、他に新潟、福島、山梨、神奈川、埼玉などでロケが行われました。

地域でおこったエピソード:劇場公開を記念してイオンシネマ三川(山形県鶴岡市)において 豊川悦司さんと池脇千鶴さんの 舞台挨拶付きの上映会が行われました。

ロケに使われたみやぎの明治村にある春蘭亭は武家住宅に接し当時の面影を楽しめるよう喫茶にもなっています。

映画のストーリー上の舞台:庄内藩をモデルにしたといわれている海坂藩が舞台となっています。

ロケ地

山形県
鶴岡市:旧風間家住宅丙申堂、庄内映画村オープンセット(農民一揆や鶴羽村などのシーン)、十一面観音、玉川寺

静岡県
掛川市:掛川城御殿【国指定重要文化財】

宮城県
登米市:春蘭亭
   
埼玉県
飯能市:能仁寺

神奈川県
小田原市:小田原城

新潟県
村上市:笹川地区

映画にちなんだもの

必死剣耳掻き(前売り券特典)

支援

撮影協力:
庄内映画村株式会社、株式会社太田建設

ロケ協力:
山形県、山形県鶴岡市、山形県遊佐市、玉川寺、出羽三山神社、 旧風間家住宅丙申堂、遊佐町畑築、(財)克念社 宮城県、宮城県登米市、株式会社とよま振興公社、武家屋敷春蘭亭、 新潟県村上市笹川地区、山梨県北杜市、西さがみFC・小田原市、小田原城、 静岡県掛川市、掛川城御殿、 会津武家屋敷

出演協力:
庄内映画村エキストラの皆さん、羽黒高等学校エキストラのみなさん、鶴岡市シルバー人材センター、 久世七曜会、埼玉県フィルムコミッション

キャスト

豊川悦司、 池脇千鶴、 吉川晃司、 戸田菜穂、 村上淳、 関めぐみ、小日向文世、 岸部一徳 ほか

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

山形県鶴岡市 宮城県登米市春蘭亭
山形県鶴岡市
宮城県登米市登米町寺池桜小路79

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す