男はつらいよ 第4作 新・男はつらいよ
山梨県道志村、愛知県名古屋市・豊明市、大分県由布市

作品の概要

テレビ版を演出した小林俊一による第四作。
寅さん流のおいちゃん孝行である「ハワイ旅行」が仇となるエピソードの前半。財津一郎の泥棒のユーモラスなキャラクター。そして後半は、美しき幼稚園の先生に、一目惚れしてしまう寅さんの行状など、明るい笑いに満ちた一編。

『新・男はつらいよ』 DVD発売中
¥3,990(税込) 発売・ 販売元:松竹
(c)1970 松竹株式会社

ストーリー

競馬で大儲けした寅さんが、名古屋からタクシーで帰郷。
竜造とつねをハワイ旅行に連れて行くことにするが、出発の朝、旅行会社が代金を持ち逃げしたことが判明。メンツが大事な寅さんは、旅行に出かけたフリをして、おいちゃんたちと共に店で静かに潜む。しかし、そこへ泥棒(財津一郎)が入って大騒動。反省の旅に出た寅さんが、戻ってくると、二階には幼稚園の春子先生(栗原小巻)が下宿していた…

地域ばなし

第4作では寅さんが山梨県道志村、愛知県豊明市、大分県・由布岳などを訪れています。

ロケ地

山梨県南都留郡
道志村(峠の茶屋のおばあちゃんへ孫からのはがきを郵便局員が読み上げて、寅さん故郷を思い出す)

愛知県 豊明市
中京競馬場(タコ社長とばったり会う。競馬で100万円獲得)

東京都 大田区
羽田空港(博が寅さんと竜造夫婦を見送る)

大分県 国鉄久大本線
由布院(由布院の近くを走る蒸気機関車に寅さんが乗っている)

映画にちなんだもの・グルメ

のり巻き(博の差し入れの寿司をほおばる。)

名古屋のタクシー(大穴を当てた寅さんが名古屋からタクシーで柴又へ。公開時の初乗り料金は100円(20円/450m)で、柴又までの料金は29,000円)

洋行スタイル(ハワイ旅行に旅立つ時、寅さんは日の丸をあしらった白いジャケットに雪駄、おばちゃんはワンピースに帽子というファッション)

歌「酋長の娘」(とらやでの宴会)・「春が来た」・「めだかの学校」・「世界は二人のために」

キャスト

渥美清、倍賞千恵子、栗原小巻、笠智衆、森川信、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、津坂匡章(現:秋野太作)、財津一郎、三島雅夫、横内正、佐山俊二、二見忠男、浜村純、ほか。

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

山梨県道志村 大分県由布院
山梨県南都留郡道志村
由布院駅(大分)

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す