koganeyuki(Gold Snow)

東京都杉並区東高円寺・中野区東中野・群馬県水上町

作品の概要

NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロイン、倉科カナの初主演映画。

注目の新進気鋭・古新舜監督の作品。

ファンタジーながらもどこか現実味がある物語りで、臨場感あるファンタジー。映像が美しい。

 

(c) 2008 Cosmobox Co., Ltd.

DVD・ブルーレイ購入
2015年10月31日
配信終了
TSUTAYATV-logo1_150.jpg

ストーリー

洋服店に勤める里佳は、一カ月前に同棲していた文学者・良平を亡くし、失意の中にいた。そんなある日、洋服店に良平に似たマネキンが運び込まれる。・・・・・・・

里香(21)は社会人一年生。服飾の専門学校を卒業して、洋服店に勤めている。-ケ月前に同棲していた彼氏・良平(30)を亡くし、失意のままでいる。彼氏のために作っていた飯も、中途半端のまま。良平が残した万葉集の本を思い出深く感じていた。そんなある日、働いている店にマネキンが運ばれてくる。マネキンは死んだ良平にそっくりであった。その日から、里香はマネキンのことが気になりだす。思い起される彼との日々で、マネキンへの想いは深まっていく。そして、ある晩、里香はマネキンが店の外に捨てられているのを見つけてしまう。里香は、マネキンをこっそり家へと持ち帰り、そこから里香とマネキンとの生活が始まるのだった。独りぽっちの寂しさが薄らぎ、元気になり始めた里香は、作りかけだった良平の服をまた作り始める。そして、里香の誕生日、完成した服を掲げ、マネキンに呼びかける理香。が、マネキンは無言のまま。そんなとき、良平が残した万葉集の歌が、里香の心に強く響くことになるのだった。

 

地ムービーなわけ(地域との関わり)

デジタルハリウッドの学生を中心に制作が成されました。杉並区和田の住民の方々のご好意や地域NPOの支援を賜りながら、ロケ地や控え室、仕出しなど現場を支える協力環境のもと、撮影が行われました。

地域でおこったエピソード

里佳の部屋のロケ地は監督自ら住んでいる場所を使用。銀杏のある大学として、獨協大学のご好意を賜りながら、秋の季節に間に合わせることができました。

また、ラストシーンの雪山は、当日のトラブルから現場に雪がないことが発覚。スタッフの総出の動きから、お昼までに谷川岳に行き着き、壮大な雪山を撮影することができました。特に、雪山ロケは大変だったそうで、現地に着くと雪がなく、もっと山を登って撮影。結局、圧雪車を使用。そこは雪が深く、腰もすっぽりと沈むほどだったそう。その甲斐があってか、まっさらな雪が印象的。
ロケは合計5日間。(秋シーン1日、冬シーン3日、雪山シーン1日)

映画のストーリー上の舞台

美術大学、都内のスタイリッシュな洋服店、都内から4時間位の絶景の雪山

ロケ地紹介

杉並区和田三丁目監督宅、東中野sirene mermaid、獨協大学、武蔵野美術大学、谷川岳スキー場 

東京都杉並区東高円寺・・・主人公・里佳の部屋、通勤途中の道など
東京都中野区東中野・・・里佳が勤めている洋服店
埼玉県草加市・・・回想シーン大学生の里佳が洋平から万葉集を手渡される
東京都小平市武・・・回想シーン大学生の里佳が初めて良平に会う
群馬県水上町・・・ラストシーンの雪山

映画にでてくる地域の料理・地場産品

洋服店、東中野sirene mermaid

この映画を支援した企業・団体・個人

菊地三佳、小林知久(NPO法人創造エンジン)、山田ユウキ(NPO法人創造エンジン)

キャスト

倉科カナ、天野浩成、栗原瞳、たかさきゆこ、若林立夫ほか。

スタッフ

作品データ

この作品にゆかりのあるところ

東京都杉並区和田 群馬県水上町
東京都杉並区和田
群馬県利根郡みなかみ町
東京都東中野 獨協大学
東中野駅(東京)
埼玉県草加市学園町1-1

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す