風と共に去りぬ(Gone With The Wind)

アトランタ・ロサンゼルス・パサデナ・チコ・カラバサス(アメリカ)

作品の概要

舞台はアメリカ南北戦争の時代。
そこでたくましく生きる女性。
彼女を中心とした、壮大なラブストーリー。

それは、時代も場所も越えて、普遍的なもの。

原作はマーガレット・ミッチェルのピュリツァー賞受賞小説。
南北戦争当時のアメリカ南部をダイナミックに描いた小説の見事な映画化。
脚色、俳優、映画技法が絶妙に結びついた、ハリウッド史に残る屈指の名作エンターテイメント。
戦争、家族、恋愛を躍動感あふれる物語を通して描いた本作は、今もなお、そして永遠に、人々を魅了し続けるだろう。

『風と共に去りぬ』
Blu-ray発売中¥2,500(税込)
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(c)1939 Selznick International Pictures, Inc.

DVD・ブルーレイ購入

ストーリー

戦争がいつ起きてもおかしくない、不安の中のアトランタ。
それでもスカーレット(ビビアン・リー)は生き生きと暮らしていた。
彼女には、長い間恋い慕っている男性、アシュリー(レスリー・ハワード)がいた。
ところが彼は、彼のいとこのメラニー(オリビア・デ・ハビランド)と結婚するという。

そんな中、スカーレットはトゥウェルブオークスでのパーティに出席する。
そこで彼女はアシュリーに、メラニーではなく自分を選ぶよう嘆願する。
その時、彼女は別の新しい男性に出会う。
彼の名はレット・バトラー(クラーク・ゲーブル)。
そしてその日、アメリカ南北戦争が始まったのだった・・・。

地ムービーなわけ(地域との関わり)

スタジオはカリフォルニア州カルバーシティ(Culver City)の、当時セルズニック・インターナショナルスタジオ(Selznick International Studios)と呼ばれていた撮影所が主に使われました。(現在のソニー・ピクチャーズのスタジオ)

制作中の建物の内装はほとんどこのスタジオに作られました。

また、同じくカルバーシティのメトロ・ゴールドウィン・メイヤースタジオ(Metro-Goldwyn-Mayer Studios)や、ロサンゼルス・ハリウッドのユナイテッド・アーティストスタジオ(United Artists Studios)も使われました。

なお、さまざまな邸宅がタラのモデルだと名乗りをあげていて、玄関の階段はルイジアナ州クレチアン・ポイント荘園(Cretien Point Plantation)の建物を参考にしたといわれ、玄関前のオーク並木は、サウスカロナイナ州チャールストン(Charleston)郊外のブーンホール(Boone Hall)がモデルになっています。

地域でおこったエピソード

エキストラは2400人にも及びました。
1935年12月15日、アトランタでの公開初日、ジョージア州知事はその日を州の休日としました。

映画のストーリー上の舞台

南北戦争下の、アトランタを中心としたアメリカ南部。ちなみに、劇中セリフ「タラへ帰ろう」の「タラの丘」はアイルランドにあります。

ロケ地紹介

カリフォルニア州
アゴウラ(Agoura)のアゴウラヒルズ(Agoura Hliis:ラストシーン)
ロサンゼルス(Los Angeles)のウェストヒルズ(West Hills)のラスキーメサ(Lasky Mesa:タラ綿農場)
ラスキーメサのアーマンソン牧場(Ahmanson Ranch)
ウッドランドヒルズ(Woodland Hills)
パサデナ(Pasadena)のアロヨ通り(Arroyo Boulevard:トゥウェルブオークス庭園)
サウスグローブ通り(South Grove Avenue)のブッシュガーデン(Bush Garden:トゥウェルブオークス庭園でのバーベキュー)
チコ(Chico:タラ綿農場)
チコのビドウェル公園(Bidwell Park:シャンティタウン攻撃)
パラダイスリンゴ園(Paradise Apple Orchard)
ペンツ通り(Pentz Rord)
サン・バーナディーノ国立森林公園(San Bernardino National Forest:シャンティタウン攻撃)
カラバサス(Calabasas:スカーレットが「二度と飢えない」と誓う)
マリブ湖(Malibu Lake)のロイス牧場(Reuss Ranch:スカーレットとジェラルドが歩く)
ノーザンカリフォルニア(Northern California)
シミバレー(Simi Valley:タラ綿農場)

ジョージア州(タイトルシーン)

アーカンソー州
ノースリトルロック(North Little Rock:オープニングクレジットの水車小屋)

この映画を支援した企業・団体・個人

ロサンゼルス・パサデナ・チコのみなさま、エキストラのみなさまほか。

キャスト

ビビアン・リー、クラーク・ゲーブル、オリビア・デ・ハビランド、レスリー・ハワードほか。

スタッフ

作品データ

この作品にゆかりのあるところ

アトランタ ロサンゼルス・アーマンソン牧場
アトランタ, ジョージア
Malibu, CA
サン・バーナディーノ国立森林公園 アゴウラヒルズ
CA
アゴウラ・ヒルズ, カリフォルニア

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す