あした生きるという旅

沖縄県宮古島市、鹿児島県徳之島町、東京都、長野県白馬村、埼玉県川口市、サンフランシスコ(アメリカ)、バーゼル・シュタンザーホルン(スイス)、フランス

作品概要

©Hanae Uchida

ALSの夫と、その支えとなってともに病と闘う 妻を追ったドキュメンタリー。

難病ドキュメンタリーにありがちな暗さや重さからは解き放たれた作品。

明日を迎えるために生きる。
生きるとは、人をハラハラさせること。

48歳でALS(筋委縮性側索硬化症)を発症した塚田宏は、目の動きで、妻・公子に意思を伝える。同じ病と闘っている人々が世界中にいると気づいた宏は、公子とともに、彼らに会いに行く旅を始める。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015
映画祭上映

地域ばなし・ロケ地

【ロケ地(撮影場所)】
沖縄県
宮古島市:平良老人福祉センター、宮古島徳洲会病院、、うむやすみゃあす・ん診療所

鹿児島県
徳之島町:徳之島

東京都
府中市:東京都立神経病院
品川区:昭和大学
東京慈恵会医科大学

長野県
白馬村

アメリカ
サンフランシスコ

スイス
バーゼル
ニトワルデン準州:シュタンザーホルン(Stanserhorn)

フランス

劇中にはオーストラリア、韓国などの地域(地名)がでてきます。

映画にちなんだもの

ALS(筋萎縮性側索硬化症)、人工呼吸器、マウスピース、透明文字盤

JAZZ、キルト、歯磨き

look&roll国際映画祭(スイス)

キャスト

塚田宏、塚田公子、塚田学

スタッフ

監督・製作・脚本・撮影・編集・ナレーション:内田英恵
製作:塚田宏、ALSスペシャルサービス
音楽:田辺玄

作品データ

クレジット:©Hanae Uchida
製作年:2014年
製作国:日本
上映時間:83分
英語タイトル:For the Love of Life: Living for Tomorrow
受賞歴等:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015長編部門SKIPシティアワード

ゆかりの地図

シュタンザーホルン
46.929726, 8.340280

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す