ひとよ

茨城県大洗町・神栖市・鹿嶋市、千葉県香取市・酒々井町、東京都

作品概要

©2019「ひとよ」製作委員会

壊れた家族は、つながれますか。 一夜にして激変する家族の運命を通し、尊くも時に残酷な”家族の絆”、そして、言葉にできない”究極の愛”を問いかける、ヒューマンドラマ。

2019年11月8日公開
上映館案内
第32回東京国際映画祭
映画祭上映

ストーリー

どしゃ降りの雨降る夜、稲村家の母・こはるは、愛した夫を殺めた。それが最愛の子どもたち三兄弟の幸せと信じて。15年後、皆が願った将来とは違ってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は――。

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

映画のメイン舞台は、茨城県大洗町ですが、「稲丸タクシー」シーンは、茨城県神栖市(かみすし)にある「浜松タクシー」でロケ撮影されました。

白石監督は、「日本のどこにでもある田舎の風景で、現代の地方の国道沿いの感じが出ている」ことが、神栖市の「浜松タクシー」をロケ地に選んだ決め手だとコメントしています。

劇中では、大洗港(茨城県)から苫小牧港(北海道)まで運行しているフェリー「さんふらわあ」、新宿、札幌、宇都宮の餃子屋、などの地域・地名が登場します。

ロケ地

茨城県
大洗市:大洗サンビーチ
神栖市:浜松タクシー
鹿嶋市:洞伝寺

千葉県
香取市:
酒々井町:酒々井駅前

東京都

映画にちなんだもの

家族、親子、DV、タクシー会社、万引き、カラオケ、バッティングセンター、デラべっぴん

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:すき焼き(スキヤキ)、ホルモン焼肉、宇治金時のかき氷、筍(タケノコ)の煮付け、おにぎり、玉子焼き、ソーセージ、バーベキュー、焼きそば、バナナ

キャスト

佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟、佐々木蔵之介、田中裕子

スタッフ

監督:白石和彌
脚本:高橋泉
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝、安藤親広
プロデューサー:高橋信一、長谷川晴彦、安田邦弘
アソシエイトプロデューサー:関根健晴、飯田雅裕
原作:桑原裕子
音楽:大間々昂
撮影:鍋島淳裕
照明:かげつよし
録音:浦田和治
美術:今村力
装飾:多田明日香
衣装:宮本まさ江
編集:加藤ひとみ
ヘアメイク:有路涼子、石田伸
音響効果:柴崎憲治
VFXスーパーバイザー:朝倉怜
助監督:茂木克仁
制作担当:宮森隆介

作品データ

ゆかりの地図

大洗サンビーチ
大洗サンビーチ

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す