孤狼の血

広島県呉市・広島市・東広島市・廿日市市

作品概要

©2018「孤狼の血」製作委員会

『警察じゃけ、何をしてもええんじゃ』。
“血沸き肉躍る、男たち渇望の映画”が誕生。
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。観る者は、生々しいまでの欲望にあぶられ、心は必ず火傷する。『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】。

2018年5月12日公開
上映館案内

ストーリー

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

予告編

 

 

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

本作品の舞台は、広島の架空都市・呉原です。

本作品の撮影の約9割が広島県呉市内でおこなわれています。

クランクイン前日の2017年4月16日、オールスラップ総勢50名が、広島県呉市の亀山神社で撮影の安全祈願をしています。

出演の松坂桃李さんは、呉市の名物「鳥皮煮」を食べて気合いをいれたと話しています。

呉原東署のセットは、呉市にある旧水道局の建物に造られました。

呉市街地北部に聳える灰ヶ峰の山頂で、大上・日岡・一ノ瀬の抜き差しならないやりとりのシーンがロケ撮影されました。

養豚場のシーンは、呉市にある倉橋島の旧養鶏場を使用してロケーション撮影されました。

上早稲の遺体捜索のシーンは、2隻の船をチャーターして、上蒲刈島の海水浴場・県民の浜でロケ撮影されました

大上と日岡が夜の繁華街を歩くシーンは、中国・四国最大の歓楽街である、広島市中区の流川地区でロケーション撮影されています。(流川カサブランカビル前の目抜き通り、他)

全日本祖国救済同盟の事務所のシーンは、広島市中区鷹野橋の旧映画館(サロンシネマ)の建物でロケ撮影されています。

クラブ「梨子」は、呉市の繁華街にある黄ビルの空き店舗にセットをつくってロケ撮影されています。

大上・日岡・里佳子の3人が加古村組組員・吉田と対峙するシーンは、甘日市市のラブホテルでロケ撮影されました。

夏祭りのシーンは、呉市の黄ビル前の堺川沿いでロケ撮影されました。このロケには、地元から総勢約100人のエキストラが参加しています。

ロケ地

広島県
呉市:黄ビル、パチンコ日野ビル、呉ポポロショッピングセンター、いしだカメラ店、呉鳥八本店、亀山神社、真福寺、呉共済病院、純喫茶ぶらじる、料亭近惣、森酒店、三和通商店街、呉中通商店街、呉本通商店街、呉劇場通商店街、灰ヶ峰、蒲刈港、倉橋島、上蒲刈島・県民の浜

広島市:中区 流川地区、鷹野橋 旧映画館(サロンシネマ)、大昌旅館

東広島市:

廿日市市:ホテル夢の国

映画にちなんだもの

豚(ブタ)、豚小屋、豚の糞、指詰め、丸暴(マル暴)、パチスロ、薬局、サラ金、ポケベル、真珠、美人局(つつもたせ)、広島大学、タバコ(ハイライト)、やっちゃれ会、和太鼓、無人島、安芸新聞、黒電話

映画にになんだグルメ

映画に出てくるグルメ:かき氷、鰻(うなぎ)映画にちなんだグルメ:鳥皮煮

支援

ロケ協力:
有限会社宝来 黄ビル、東宝海運株式会社、株式会社ZAPP-Entertainment、株式会社ダイクレ、高田水産、株式会社マルカツ水産、折口開発有限会社、(株)総合アシスト、(株)アクセス、(有)黒瀬鶏卵、三和興行株式会社、長浜産業株式会社、折口興産株式会社、有限会社ヒロシ工業、株式会社くれせん、実下建設、呉貿倉庫運輸株式会社、有限会社栄晃、瀬戸内ベルモニー、呉オールドモータースクラブ、タイムズ24、呉ポポロショッピングセンター、パチンコ日野ビル、森酒店、料亭近惣、純喫茶ぶらじる、呉鳥八本店、林養豚場、いしだカメラ店、石崎達行邸、亀山神社、真福寺、呉共済病院、大昌旅館、ホテルクレシオ呉本通り、呉森沢ホテル(株)、ホテル夢の国、呉阪急ホテル、蒲刈漁港青年部、三和通商店街、阿賀西町自治会、広島県タクシー協会呉支部、広島県社交飲食生活衛生同業組合、呉中通商店街振興組合、呉本通商店街振興組合、呉劇場通商店街振興組合、呉飲食組合、呉市スタンドバー組合、呉観光社交事業組合、呉蔵本通屋台協同組合、呉街商組合、呉市自治会連合会、中国放送、広島県立県民の浜、広島地方気象台、
太鼓本舗かぶら屋、オフィスあおの、ウェルストンプロモーション、KANON.H.C、media produce、art in motion、テアトルアカデミー、他

美術協力:
田村建設株式会社、有限会社テイクアップ、株式会社ウッディ住建、株式会社道原塗装、有限会社賀谷溶接所、大和興業、賀谷建設株式会社、タカスカ椅子有限会社、株式会社アイケン、松崎工業株式会社、有限会社大泉美術、株式会社紫水園、株式会社青沼塗装工業、他

広島ヒットさせちゃる会:
中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島

協賛:
田中食品株式会社、OnterFM897

協力:
呉地域フィルムコミッション、広島フィルム・コミッション、鳥取県フィルムコミッション、東広島市、広島県、呉市の皆様、広島市の皆様

キャスト

役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎上、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介、竹野内豊、阿部純子、嶋田久作、伊吹吾郎、中山峻、九十九一、岩永ジョーイ、MEGUMI、井上肇、滝川英次、さいねい龍二、沖原一生、黒石高大、町田マリー、勝矢、野中隆光、中村倫也、田中偉登、ウダタカキ

スタッフ

監督:白石和彌
脚本:池上純哉
企画プロデュース:紀伊宗之
プロデューサー:天野和人
原作:柚月裕子
音楽:安川午朗
音楽プロデューサー:津島玄一
撮影:灰原隆裕
照明:川井稔
録音:浦田和治
音響効果:柴崎憲治
美術:今村力
衣装:森口誠治
装飾:京極友良
編集:加藤ひとみ

作品データ

ゆかりの地図

呉市:灰ヶ峰
呉市:灰ヶ峰

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す