新聞記者

埼玉県新座市・富士見市・さいたま市・越谷市・戸田市、東京都千代田区・中央区・板橋区・新宿区・中野区・三鷹市・世田谷区・葛飾区、神奈川県横浜市

作品概要

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

フェイクニュース、メディアの自主規制は蔓延し、官邸権力は平然と「報道の自由」を侵す‥‥。
社会全体に立ち込める「同調圧力」は、「個」を分断し孤立化を煽っていく。
日本で起きた現在進行形の政治事件をモデルにしたドラマがリアルに生々しく劇中で展開していくという映画史上初の試みとなる大胆不敵な政治サスペンス映画。
フィクションという表現者の武器を最大限に駆使しつつ、私たちの目の前にあるリアルをダイレクトに撃ち抜く、骨太の社会派ドラマ。
第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞受賞作品。

 

ストーリー

東都新聞社会部の若手記者・吉岡エリカ。ある日、彼女のもとに「医療系大学の新設」に関する極秘文書がファックスで届く。首相肝いりの案件らしいが、誰が何のために送ってきたのかはわからない。許認可先の内閣府を洗い始めた吉岡は、神崎というキーパーソンの存在に気付くが、まさにアプローチしようとした矢先、彼は投身自殺を遂げてしまう。

一方、内閣情報調査室(内調)に勤める杉原拓海は苦悩していた。外務省から出向してきたエリート官僚だが、その任務は政権を守るための情報操作やマスコミ工作ばかりだ。有能な公務員としてひたすら上からの指示を遂行してきた彼もまた、外務省時代の尊敬する上司・神崎の死を通じて、官邸が強引に進める驚愕の計画を知ることになる。

内調がかけてくる有形無形のプレッシャーと、誤報を出す恐怖。愛する妻子を抱えた一生活者としての立場と、本当の意味で.民に尽くす人間としての矜持。それぞれのキャリアと全人生を賭けた、二人の選択とは !?

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

クランクインは 2018年12月初旬、東京都千代田区内幸町「中日新聞東京本社」(日比谷中日ビル)のワンフロアから撮影はスタートしました。

自ら命を絶った神崎俊尚(高橋和也)の通夜で、吉岡エリカ(シム・ウンギョン)と杉原拓海(松坂桃李)が初めて出会うシーンが撮影されたのは、板橋区の閑静な住宅街にある古い寺院「安養院」です。

埼玉県新座市「新座市役所」で、杉原拓海(松坂桃李)が、内閣情報調査室の上司・多田智也(田中哲司)と対峙する場面がロケ撮影されました。

杉原拓海(松坂桃李)と元上司・神崎俊尚(高橋和也)との会食シーンのロケ地は、埼玉県岩槻区にある料亭「桜茶屋」です。

東都新聞・倉持大輔(岡山天音)の居酒屋シーンは、東京都千代田区「酔いの助 神保町本店」でロケーション撮影されました。

元上司・神崎俊尚(高橋和也)の葬儀シーンは、東京都中野区「新井薬師梅照院」でロケ撮影されました。

ロケ地

埼玉県
新座市:新座市役所
富士見市:恵愛病院
さいたま市:岩槻桜茶屋
越谷市:越谷ハートフルクリニック
戸田市:埼京オフセット

東京都
千代田区:中日新聞東京本社、酔いの助 神保町本店、日比谷中日ビル、国会議事堂前、総理官邸前
中央区:中央大橋、銀座「SOUL GARDEN」
板橋区:安養院
新宿区: マックス(COFFEE MAX HOUSE)、リーガロイヤルホテル東京
中野区:新井薬師梅照院
三鷹市:東京新聞 三鷹専売所
世田谷区:山下書店 世田谷店
葛飾区:祟福寺

神奈川県
横浜市:オンワード総合研究所

映画にちなんだもの

権力とメディア、組織と個人、民主主義、内閣情報調査室、新聞、段組、ツイッター、ダグウェイ羊事件(Dugway sheep incident)、生物兵器、セカンドレイプ、同調圧力、国家戦略特区

映級グルメ

映画に出てくる飲食物:コーヒー、生ビール、日本酒、刺身

支援

撮影協力:
新座市役所、KEIAI HOSPITAL、安養院、岩槻桜茶屋、株式会社In Field。オンワード総合研究所、コーヒーハウスMAX、医療法人社団 仁心会、越谷ハートクリニック、(株)スーパーブックス、SOUL GARDEN、東映東京撮影所、MONPARTE、山下書店 世田谷店、酔いの助 神保町本店、第一交通産業グループ、リーガロイヤルホテル東京、祟福寺、埼京オフセット、日比谷中日ビル、東京新聞 三鷹専売所、株式会社デイナイト、Vortex、東京新聞

キャスト

シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司

(特別出演)望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー

スタッフ

監督:藤井道人
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)、河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:河村光庸、岡本東郎
プロデューサー:高石明彦
音楽:岩代太郎
主題歌:OAU
撮影:今村圭佑
照明:平山達弥
録音:鈴木健太郎
美術:津留啓亮
衣装:宮本まさ江
編集:古川達馬

作品データ

ゆかりの地図

中日新聞東京本社
中日新聞東京本社

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す