泣く子はいねぇが

秋田県男鹿市・秋田市・潟上市、東京都大田区・港区

作品概要

©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

秋田県男鹿半島の伝統文化「ナマハゲ」から、“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出し、約5年をかけて作り上げたオリジナル脚本の作品。
親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器用ながらも青年から大人へ成長する姿を描く。

2020年11月20日公開
上映館案内

 

ストーリー

たすくは、娘が生まれ喜びの中にいた。一方、妻・ことねは、子供じみて、父になる覚悟が見えないたすくに苛立っていた。大晦日の夜、たすくはことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に例年通り参加する。しかし結果、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿をテレビで全国放送されてしまうのだった――。

それから2年の月日が流れ、たすくは東京にいた。ことねには愛想をつかされ、地元にも到底いられず、逃げるように上京したものの、そこにも居場所は見つからず、くすぶった生活を送っていた。そんな矢先、親友の志波からことねの近況を聞く。ことねと娘への強い想いを再認識したたすくは、ようやく自らの愚行と向き合い、地元に戻る決意をする。だが、現実はそう容易いものではなかった…。
果たしてたすくは、自分の“生きる道”、“居場所”を見つけることができるのか?

予告編

予告編配信の使用許諾権:地ムービー

地域ばなし・プロダクションノート

秋田県・男鹿市が地域をあげて支援・協力した作品です。

秋田県男鹿市の「男鹿水族館GAO」「男鹿みなと市民病院」「いづみ幼稚園」「パチンコすずらん船川海岸通り店」「真山神社」など、男鹿市各地でロケーション撮影が行われました。

秋田県秋田市の飲屋街「川反(かわばた)」で、ロケーション撮影されました。

東京都大田区「銀座 de フットサル蒲田店」でフットサルのシーンが撮影されました。

太鼓演奏は「なまはげ太鼓」「恩荷」が行っています。

マリンコーディネートは「男鹿市ダイビングセンター」が支援しています。

ロケ地

秋田県
男鹿市:男鹿水族館GAO、男鹿みなと市民病院、男鹿市役所、親栄館、スガワラスポーツ、いづみ幼稚園、パチンコすずらん船川海岸通り店、里山のカフェににぎ、真山神社、大龍寺、神明社(船越)、船川地区金川台、芦沢地区、入道崎地区、北浦地区、船越地区、脇本地区、仲村邸、旧糸井木材跡

秋田市:ラウンジOL倶楽部、エル・ブランコビル、道の駅あきた港、秋田県立大学
潟上市:天王グリーンランド

東京都
港区:串特急 虎壱横丁
大田区:銀座 de フットサル蒲田店

映画にちなんだもの

ナマハゲ、父親、母親、娘、出生届、離婚、再婚、シロクマ実験、白熊のぬいぐるみ

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:
だまこ鍋(秋田の郷土料理)、ババヘラアイス、サザエ、棒付きキャンディ、寿司、唐揚げ

支援

秋田現地協力:
和風レストランきりん亭、443プランニング、八郎めん、SKOホテルグループ、男鹿観光ホテル、民宿新地、トヨタレンタリース秋田、三十五番タクシー、リラクゼーションSORA、アトリエ鈴、むつみワールド、昭和物流、十和田精密工業、男鹿市観光協会、男鹿市商工会男鹿温泉郷協同組合、なまはげ柴灯まつり実行委員会、OGANAMAHAGE ROCK FESTIVAL実行委員会、北浦地区婦人会、船越地区婦人会、船一地区婦人会、脇本地区婦人会、ホーコー地所、サンロン・ド・ヒラノ、高橋恭子

取材協力:
秋田県漁業協同組合北浦総括支所、つりショップ海風、なまはげ館、真山なまはげ伝承会、相川ナマハゲ保存会、真山青年会、門前青年会

美術・小道具協力:
プロステージ花壱番、高秀仏壇店、松美造園建設工業、マリンショップいちりき屋、IPP株式会社(ペイントカー)、土崎湊屋、男鹿のやきそばを広める会、栄町町内会、新地町内会、芦沢振興会青年部、鶴田電気商会、戸賀公民館、男鹿ジャン、男鹿市職員互助会、スーパーセンターアマノ、川口合同会社、進藤冷菓、菓子工房 甘楽、萬漁水産、他、

衣装協力:
秋田観光コンベンション協会、他

ロケーション協力:
男鹿水族館GAO、男鹿みなと市民病院、親栄館、秋田中央交通、スガワラスポーツ、学校法人秋田キリスト教学園いづみ幼稚園、パチンコすずらん船川海岸通り店、里山のカフェににぎ、戸嶋板金、男鹿地区消防本部、白山酒造、医療法人柔心会、武藤電子工業、恵比寿食堂、小坂商店、ベーカリートラ、真山神社、大龍寺、神明社(船越)、千葉電業舎、金川台町内会、真山郷中会、芦沢地区町内会、新地町内会、入道崎地区自治会、仲村邸、旧糸井木材跡、秋田県立大学、空撮ジオテック、ドリームリンク、道の駅あきた港、天王グリーンランド、ラウンジOL倶楽部、エル・ブランコビル、串特急 虎壱横丁、銀座 de フットサル蒲田店

協力:
秋田魁新報、ABS秋田放送、秋田朝日放送、秋田ケーブルテレビ、のんびりし〜な、他。

協賛:
秋田海陸運送株式会社、株式会社齋禰酒造店、株式会社寒風、株式会社清水組、秋田信用金庫、三和興業株式会社、株式会社秋田銀行、株式会社沢木組、株式会社武藤電子工業、株式会社仲村保険サービス、ホーコー地所、男鹿真山神社・男鹿真山伝承館、株式会社八郎めん、株式会社アマノ、有限会社糸井測量設計事務所、秋田いすゞ自動車株式会社、株式会社MQ6、株式会社諸井醸造、有限会社サロン・ドヒラノ、株式会社ベーカリートラ、男鹿市観光協会門前支部、株式会社男鹿水族館、株式会社佐藤海事、お菓子のにこり、なまはげ館、リラクゼーションSORA、船越商店会、株式会社みちのく不動産、Honda Cars 男鹿、株式会社男鹿水産、株式会社おが、ひらつか薬局、若美電気工業株式会社、株式会社アクネス不動産、藤田建設株式会社、男鹿温泉郷協同組合、株式会社男鹿ゴルフクラブ、秋田県たばこ耕作組合、株式会社アクネス・シモマ、株式会社加藤組、日本たばこ産業株式会社秋田視点、男鹿清掃興業株式会社、藤直産物産有限会社、合資会社三十五番タクシー、ENEOS男鹿株式会社、男鹿市役所・秋田南高校OB有志、FAN AKITA、他。

後援:
男鹿市、秋田県

キャスト

仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、山中崇、田村健太郎、古川琴音、松浦祐也、師岡広明、高橋周平、板橋駿谷、猪股俊明、余貴美子、柳葉敏郎、

東京ダンス&アクターズ専門学校、わらび座、パターソン家の皆様、首都圏男鹿の会、いづみ幼稚園 園児と保護者の皆様、男鹿市民の皆様、他

スタッフ

監督:佐藤快磨
脚本:佐藤快磨
企画:是枝裕和エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
プロデューサー:大既向隼、伴瀬萌、古市秀人
音楽:折坂悠太
主題歌:折坂悠太「春」(Less+ Project.)
撮影:月永雄太
照明:後閑健太
録音:吉田憲義
美術:西尾共未
衣裳:馬場恭子
編集:佐藤快磨

作品データ

ゆかりの地図

男鹿真山伝承館

男鹿真山伝承館

戻る
作品検索 タイトル・人・etc.
作品
映画のなかの
建築
インタビュー
予告編
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す