男はつらいよ 第15作 寅次郎相合い傘

北海道函館市・小樽市・札幌市・青森県青森市

作品の概要

寅さんとリリーの再会。結婚に失敗したリリーは、再び歌手となり旅暮らし。

寅さんは、船越英二扮する冴えない中年男・兵藤と旅をしている。

三人が揃って旅をする場面は幸福な気分に満ちあふれている。

パパさんこと兵藤が、持って来たメロンをめぐっての一悶着は「メロン騒動」と名高い。リリーと喧嘩した寅さんが、雨の降る柴又駅へリリーを迎えに行く“相合い傘”シーンは、シリーズ屈指の名場面。

『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』
DVD発売中 ¥3,990(税込)
発売・ 販売元:松竹
(c)1975 松竹株式会社

ストーリー

青森で知り合った中年男・兵藤謙次郎(船越英二)と旅を続ける寅さんは、函館のラーメン屋の屋台で、なんとリリー(浅丘ルリ子)と再会を果す。

初夏の北海道で、気ままな道中を楽しむ三人。兵藤は、小樽で初恋の信子(岩崎加根子)に一目だけ逢おうとするが、それを“男の甘え”とリリーは寅さんに当たって、二人は大げんか。

そのままリリーと別れた寅さんは、リリーのことが気がかりな毎日。そんなある日、リリーが柴又へとやってきて・・・。

地域ばなし

第15作では、北海道小樽市・函館市・札幌市・青森県青森市などを寅さんが訪れた。

ロケ地

北海道函館市
函館港(ラーメン屋台でリリーと再会)・(旅館で同宿)
函館本線(長万部で下車する相談)
日ノ浜町日ノ浜海岸(函館のキャバレーの女性たちと再会)

北海道小樽市塩谷塩谷海岸(夕陽のなか波打ち際ではしゃいでる)、

函館本線塩谷駅(三人が宿泊)

北海道札幌市大通公園(万年筆の「泣き売」)

北海道(牧場の田舎道で馬車に揺らる三人)

北海道小樽市
小樽運河・運河に架かる竜宮橋(3人がたつ)
水天宮につながる相生町にある石段(3人が上る急な階段)
外人坂・小樽港・緑町1丁目(「喫茶ポケット」に謙次郎が初恋の人を訪ねる)

青森県青森市善知烏神社(バイをする)

青函連絡船の見える港町(宿へ戻る)

青函連絡船・十和田丸(乗船している

東京都墨田区錦糸町(バイをする)

映画にでてくるグルメ

メロン:兵頭パパが寅さんにと持ってきたマスクメロンをめぐるメロン騒動

長万部のカニ:函館本線で長万部で降りてカニ(蟹)を食べる。「長万部のカニ」は長万部駅での「駅売り」でも有名。

キャスト

渥美清、浅丘ルリ子、倍賞千恵子、前田吟、下條正巳、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、笠智衆、西川ひかる、中村はやと、船越英二、久里千春、早乙女愛、堀田信子、岩崎加根子、吉田義夫、宇佐美ゆふ、谷よしの、村上記代、光映子、秩父晴子、米倉斉加年、上條恒彦ほか。

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

函館本線塩谷駅 函館市函館港
北海道小樽市塩谷2丁目
北海道函館市
小樽市塩谷塩谷海岸 青森県青森市善知烏神社
北海道小樽市塩谷1丁目 28-13
青森県青森市安方2丁目7−18

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す