第1回氷見絆国際映画祭で沖縄国際映画祭「地域発信型映画」出品作などが受賞

【第1回氷見絆国際映画祭においての沖縄国際映画祭“地域発信型映画”受賞作品】
最優秀短編作品賞:「ガマゴリ・ネバーアイランド」
最優秀地域映画賞:「ソラからジェシカ」
最優秀新人賞:森カンナ「ユキモノガタリ」
優秀賞:
「ガマゴリ・ネバーアイランド」天野千尋監督
「ソラからジェシカ」佐向大監督
「ユキモノガタリ」田川貴一監督
「またいつか夏に。」土屋哲彦監督

【受賞作品紹介】
作品名:「ガマゴリ・ネバーアイランド」 
受賞:最優秀短編作品賞・優秀賞
地域:愛知県蒲郡市
監督:天野千尋
キャスト:川田(ガレッジセール)、内田流果、大谷澪、増田繁紀(サムタイムズ)、井上彩輝(サムタイムズ)、ゴリ(ガレッジセール)、間寛平
作品解説:
海辺の街・蒲郡で暮らす青海竜郎(11)は、冒険心あふれる純粋な少年。漁師の父からは、大人になったら後を継いで船に乗るよう言われているが、海の仕事の厳しさを幼い頃から肌で感じてきた竜郎は、素直に受け入れることができない。そんなある日、「街の海に浮かぶ島の神社に、女の霊が出る」という話が、友人たちの間でウワサされる。漁の手伝いに嫌気がさしていた竜郎は、父に禁止されたのも聴かず、皆と一緒に島に冒険に出かける。神社で待ち構える少年たちの前に、突然、美しい少女が現れる。そして少女との出会いが、竜郎の人生を大きく揺り動かしていく……

作品名:「ソラからジェシカ」
受賞:最優秀地域映画賞・優秀賞
地域:千葉県成田市
監督:佐向大
キャスト:陣内智則、ロザーナ、島田洋八、杉山彦々、川瀬陽太
作品解説:
父の経営する落花生工場で働く毅は、無口で女っ気のない男。折からの人手不足のため、力仕事のできる外国人労働者を迎え入れることになったが、やってきたのは看護師を目指して日本を訪れたペルー人女性、ジェシカ。すぐに間違いに気づくが時すでに遅し、とりあえず病院の募集が空くまで、彼女は工場に住み込みで働くことになる。すぐに従業員たちと仲良くなるジェシカ。一方、人つき合いの悪い毅とはなかなか打ち解けることができない。ある事件をきっかけにふたりの仲は急速に接近するも束の間、病院からジェシカを呼び寄せる連絡入って。。
成田の落花生工場を舞台に描かれる、寡黙な男とペルー人女性の心の触れ合い。

作品名:「ユキモノガタリ」
受賞:最優秀新人賞(森カンナ)・優秀賞
地域:北海道沼田町
監督:田川貴一
キャスト:森カンナ、脇田寧人(ペナルティ)、津川宗尚(ピグマリオン)、下山敏広(ピグマリオン)、クマップ
作品解説:
100社以上の会社を不採用になり、ネットで偶然みつけた沼田町の職員募集に応募、新しい職員として採用された北村美羽。豪雪地帯での慣れない生活に不安を持つ中、職場の先輩坂井昌彦は町のために日々活動している有志団体「ゆきものがかり」に強引に参加させる。早速、町のお祭り「輝け雪のまちフェスタ」に出品する特産品の新開発会議に参加するも、毎日毎日何も決まらずバカ話を繰り返す「ゆきものがかり」のメンバーにうんざり。早く会議を終わらせようと、思いつきでスイーツを提案すると即採用!プロジェクトリーダーに任命されてしまう。雪国での暮らしやメンバーに不安を抱きながら、美羽は無事にスイーツを完成させる事ができるのか?

作品名:「またいつか夏に。」
受賞:優秀賞
地域:茨城県筑西市
監督:土屋哲彦
キャスト:村上健志(フルーツポンチ)、小松悠太、鈴木ちなみ、松田百果、亘健太郎(フルーツポンチ)、山中崇敬(オスペンギン)、でれすけ(オスペンギン)、川口真五、黒沢かずこ(森三中)
作品解説:
冬。両親のいない少年・ヒロキは、親戚の家に預けられる事になり、筑西に引っ越してきが、周囲になじめず学校をサボっていた。そんな時、フリーターの渡辺と出会う。渡辺は想いを寄せるヒロキの担任の気を引く為に、ヒロキに近づいたのだが、やがて、二人の間には年齢を超えた友情が芽生え、ヒロキも地域に馴染んでいった。そんなある日、渡辺は、地元の壮大な祭と日本一の神輿の話をする。夏に行われるその祭を想い、胸躍らせるヒロキ。だが、ヒロキが筑西を去らなければいけない日が近づいていた…。それを知った渡辺は……!?

【第1回氷見絆国際映画祭受賞作品 一覧】
最優秀作品賞:「桜田門内の変」                                                     
最優秀主演男優賞:渡辺裕之「Happyメディアな人々」                                                     
最優秀主演女優賞:竹内晶子「桜田門内の変」 、吉野晶「わたしたちの夏」                                                  
最優秀監督賞:山内ケンジ「ミツコ感覚」                                                   
最優秀音楽賞:白井貴子「蒼い影」                                             
最優秀洋画作品賞:「汚れた心 」                                            
最優秀洋画主演男優賞:マーティン・シーン「星の旅人たち」                                                   
最優秀洋画話題賞:「台北カフェストーリー 」                               
最優秀短編作品賞:「ガマゴリ・ネバーアイランド」                                                
最優秀地域映画賞:「ソラからジェシカ」                                                
最優秀新人賞:森カンナ「ユキモノガタリ」                                                
優秀賞 :
「ミツコ感覚」山内ケンジ                           
「ガマゴリ・ネバーアイランド 」天野千尋                           
「わたしたちの夏」福間健二                           
「Happy!メディアな人々」市川徹                           
「蟻が空を飛ぶ日」野火明                           
「ソラからジェシカ 」 佐向大                           
「FORYOU」佐藤健人                           
「ユキモノガタリ」田川貴一                           
「またいつか夏に。」土屋哲彦                           
「SRS♂ありきたりなふたり♀ 」犬童一利                           
「JUDGEMENT」辻岡正人                           
「インビジブルモンスター」松尾健太                           
「Consciousness」上野山雅也                           
「灼熱の魂」ドゥニ・ビルヌーブ                
「台北カフェストーリー 」シアオ・ヤーチュアン              
「星の旅人たち」エミリオ・エステヴェス

【第1回氷見絆国際映画祭開催概要】
映画によるまちづくりと、東日本大震災で改めて感じた人の心の温かさ、人のつながり、心をつなぐ「絆(KIZUNA)」をテーマに行われた映画祭。
[日程]平成24年8月15日(水)−19日(日)、5日間開催
[主催]氷見絆国際映画祭実行委員会
[共催]氷見市、HFCフィルムコミッション氷見市映画支援会
[後援]富山県、氷見商工会議所、氷見市農業協同組合、氷見漁業協同組合、氷見市観光協会、北日本新聞、富山新聞、北陸中日新聞、読売新聞北陸支社、朝日新聞富山総局、毎日新聞富山支局、共同通信富山支局、北日本放送、富山テレビ、チューリップテレビ。
[開催会場]開会式:氷見市いきいき元気館
上映館:氷見市民会館・氷見市ふれあいスポーツセンター・氷見市いきいき元気館
表彰式:氷見あいやまガーデン
[来場者]5日間でのべ約3000人来場。
[実行委員会]堂故氷見市長、会議所会頭、農協・漁協組合長、自治振興委員会長 他17名
選抜有識審査員[吉田東京工業大学教授・市川監督・松沢前神奈川県知事]、一般投票(上映を見た方による5点満点投票)

(備考)
「地域発信型映画」とは?
地域にこだわりながら、地域の各種団体・行政・企業・個人などが協力し、その製作に一貫して関わった映画。
地域が自ら企画・制作・配給・宣伝・興行・二次利用まで手がけるケースが多い。
「映画にしくまれたカミの見えざる手」(講談社+α新書)、沖縄国際映画祭「地域映画セミナー」他で谷國大輔が紹介した同氏の造語。

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す