記憶にございません!

東京都新宿区・台東区・中央区・江東区・世田谷区、埼玉県羽生市、茨城県かすみがうら市

作品概要

(C)2019フジテレビ 東宝

国民的脚本家・演出家・映画監督として、これまで日本中にたくさんの笑いと感動を届けてきた三谷幸喜監督の、映画監督作品8作品目。『THE有頂天ホテル』(06年)の公開後から企画を温めていた構想13年となる作品で、「もしも自分が、ある日突然総理大臣になったら…?」そんな子供の頃に誰もが一度はしたかもしれない空想から生まれた、三谷監督によるオリジナルストーリー。 映画の主人公は、≪記憶喪失の総理大臣≫。オールスターキャストによる笑いの競演。

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく‥‥。

2019年9月13日公開
上映館案内

ストーリー

病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。
一切の記憶がない。
こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。
演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。
そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。
そして石を投げつけられるほどに…すさまじく国民に嫌われている!!!

部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。
「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。
国民からは、史上最悪のダメ総理と呼ばれています。
総理の記憶喪失は、トップシークレット、我々だけの秘密です」
真実を知るのは、秘書官3名のみ。

進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議場の場所、
自分の息子の名前すら分からない総理。

記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、
記憶にない愛人にホテルで迫られる。
どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。
そしてよりによってこんな時に、米国大統領が来訪!

他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、
記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!
果たしてその先に待っていたものとは…!?

地域ばなし・プロダクションノート

メイン舞台の総理公邸と総理官邸は、スタジオのセットで撮影されています。総理公邸はフジテレビの湾岸スタジオ、総理官邸は東宝スタジオです。

 三谷監督作品としては、これまでよりロケーション撮影が多い作品となっています。

黒田総理が石をぶつけられたバルコニーや、囲み取材を行ったロビーは、東京国立博物館表慶館でロケ撮影されました。東京国立博物館表慶館は、歴史的建造物のため、冷房機器がなく、キャスト・スタッフは、猛暑に耐えながらのロケ撮影をしています。

1シーン1カットの長回しのシーンが幾つもあり、俳優陣の魅力的な演技を楽しめる作品となっています。

ロケ地

東京都
新宿区:新宿御苑前近くの路上(新宿1丁目の花園医院周辺:パジャマ姿の黒田総理が絡まれるシーン)、新宿駅南口・バスタ新宿前(Flags壁面・FLAGS VISION:黒田総理のテレビ中継が映るシーン)

台東区:東京国立博物館表慶館(総理官邸シーン)

中央区:築地市場(総理がSPに捕まる(保護される)シーン)

港区:虎ノ門ヒルズ・アンダーズ東京(ホテルスイートルームのシーン)、ツキ シュール ラメール(黒田総理家族のディナーシーン)

埼玉県
羽生市:羽生総合病院(病室(特別室)・エントランス周辺:黒田総理の入院シーン)

茨城県
かすみがうら市:千代田カントリークラブ(ゴルフのシーン)

【スタジオ】
東京都
江東区:フジテレビ湾岸スタジオ(総理公邸のセット)
世田谷区:東宝スタジオ(総理官邸)

映画にちなんだもの

総理大臣、記憶喪失、国会質問、官房長官、官房機密費、消費税、生活保護、支持率、ぶら下がり取材、ブロイド紙のフリーライター、事務秘書官、官邸料理人、アメリカ大統領、野党党首、SP、大工

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:チョコバナナ、キムチ、ハーブティー、チーズ12倍ピザ、コブラ酒、駄菓子(串カツ・串足)、さくらんぼ、アメリカンチェリー、ハッピーターン、鴨肉料理、カレーうどん、ハイボール

キャスト

中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、山口崇、田中圭、梶原善、寺島進、藤本隆宏、迫田孝也、ROLLY、後藤淳平(ジャルジャル)、宮澤エマ、濱田龍臣、有働由美子、飯尾和樹、小林隆、市川男女蔵、小澤雄太、近藤芳正、阿南健治、栗原英雄、川平慈英

スタッフ

監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
ブロデューサー:前田久閑、和田倉和利
音楽:荻野清子
撮影:山本英夫
照明:小野晃
録音:瀬川徹夫
美術:あべ木陽次
衣装デザイン:宇都宮いく子
装飾:野本隆行
美術進行:杉山貴直
編集:上野聡一

作品データ

ゆかりの地図

東京国立博物館表慶館
東京国立博物館表慶館

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す