釣りキチ三平

秋田県五城目町・東成瀬村・湯沢市・由利本庄市、山形県金山町

作品の概要

累計販売部数4000万部。1973年から10年間「週刊少年マガジン」の看板作品として連載され、釣りブームの火付け役となったコミック『釣りキチ三平』が、誕生から35年の歳月を経て映画化。

日本の“原風景”ともいえる秋田の雄大な自然を舞台に、夢を追いかける天才釣り少年・三平とその家族の温かな絆の物語。

 

「釣りキチ三平」DVD発売中
発売・販売元:バップ
(c)2009「釣りキチ三平」製作委員会
 
 

『釣りキチ三平』にちんだものを見てみる

ストーリー

三平は釣り名人として評判の一平じいさんと暮らす明るい少年。一見どこにでもいる少年だが、祖父の指導と、生まれながらの素質により、天才的な釣り名人として成長している。夏休みに入っても幼馴染の少女・ゆりっぺと釣り三昧。
そんな三平に声をかけてきたのは、アメリカで釣りのプロとして活躍している鮎川魚紳。そして魚紳が語る「夜泣谷の巨大魚」の伝説に、俄然釣り上げようと燃える三平。
魚紳を含めた一同は「伝説の楽園」である夜泣谷へ行こうとするが、その時、東京から三平の姉・愛子が山郷にあらわれる・・・。 はたして、伝説の巨大魚は本当に存在するのだろうか?そして三平は、その魚を釣り上げることができるのか?

地域ばなし

日本の“原風景”ともいえる秋田の雄大な自然を舞台にした物語で、ロケ撮影も秋田県・山形県で行われました。

原作者の矢口高雄さんは秋田出身です。

地域でおこったエピソード:釣りキチ三平号で行くロケ地『法体の滝』と新緑の旅モニターツアーが開催されました。

映画公開をきっかけに、秋田県湯沢市秋の宮地区では、ロケ地となった役内川で釣り大会「全国釣りキチ三平杯」が開催されています。

五城目町では『映画「釣りキチ三平」ロケ地案内人』がロケ地となった「三平の家」の案内をしてくれます。(2011年9月9日現在)

映画のストーリー上の舞台:伝説の楽園「夜泣谷」、秋田県

ロケ地

秋田県
五城目町(北ノ又集落:三平の家のある集落、根古波離岩(ネコバリ岩))
東成瀬村(天正の滝・すずこやの森:夜泣谷まで歩くシーン)
湯沢市(秋の宮の「吊り橋」)
由利本庄市(法体の滝:三平が巨大魚と出会うクライマックスシーン)
横手市
八峰町

山形県
金山町(三平が巨大魚を釣ろうと夜泣谷まで歩く杉林のシーン)
酒田市

映画にちなんだもの・グルメ

チョコレート (三平の姉・愛子が東京からもってきたのが「赤いハート型のチョコレート」)

だまこもち(秋田県五城目町で撮影初日に秋田県の郷土料理「だまこ餅」でもてなしました。)

ニテコサイダー(秋田県美郷町六郷の仁手古サイダー、公開時「釣りキチ三平ラベル」がつくられた映画コラボ商品。)

支援

VFX協力:彩の国ビジュアルプラザスキップシティ、群馬県水産試験場川場養魚センター、滋賀県立琵琶湖博物館、国立学校法人東京農工大学農学部農学府国際センター、川端良子准教授。

ロケーション協力:秋田のみなさん、アユ釣りのみなさん。

美術・小道具協力:花より植物園、管与造園土木、湖東植物園、榮太郎、古民芸みんえい。

撮影協力:

秋田県
秋田県産業経済労働部観光課、秋田市、秋田市都市整備部、東横イン秋田駅東口、秋田キャッスルホテル。

五城目町
五城目町役場産業課、今地地区のみなさん、

東成瀬村
総務課、雄勝広域森林組合、JAなるせ加工研究会、天正の滝、すずこやの森。

湯沢市
湯沢市商工観光課、雄勝漁業行動組合、秋ノ宮地域づくり協議会、由利建設、県南清掃興業、中山小学校、JAこまち、イワナの里、まこ食堂、きのこ屋、GFG。

由利本庄市
由利本荘市観光振興課、鳥海町「法体の滝」、小吉川水系漁業協同組合、ホテルフォレスタ鳥海、JA秋田しんせい、鳥海町のみなさん、上野宅地区のみなさん。

横手市
横手市観光物産課、横手運送、細谷内科医院、横手駅前温泉ゆうゆうプラザ、ホテルプラザアネックス横手。

八峰町
役場総務課

山形県
金山町
金山町産業課、グリーンバレー神室、宮地区公民館

酒田市
酒田観光物産協会、酒田ロケーションボックス。

協賛:秋田中央交通

キャスト

須賀健太、塚本高史、香椎由宇、渡瀬恒彦、土屋太鳳、小宮孝泰、志村東吾、安居剣一郎、平賀雅臣、中西良太、片桐竜次、螢雪次朗、萩原聖人。

スタッフ

作品データ

ゆかりの地図

五城目町 北ノ又集落 東成瀬村
秋田県南秋田郡五城目町馬場目北ノ又
秋田県雄勝郡東成瀬村
湯沢市 由利本庄市 法体の滝
秋田県湯沢市
秋田県由利本荘市鳥海町百宅

作品検索 タイトル・人・etc.
作品
予告編
インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す