雑魚どもよ、大志を抱け!

岐阜県飛騨市

作品概要

©2022「雑魚どもよ、大志を抱け!」製作委員会

人間のみっともない部分を愛情を込めて描き続ける足立紳監督が、20年がかりで企画を実現。
誰もがコンプレックスや葛藤を抱えながら、なにかをつかみ取ろうとするかけがえのない日々を、真正面から描いた青春映画。

2023年3月24日公開
上映館案内
第35回東京国際映画祭
映画祭上映

ストーリー

地方の町に暮らす平凡な小学生・瞬(池川侑希弥)。心配のタネは乳がんを患っている母の病状……ではなく、中学受験のためにムリヤリ学習塾に入れられそうなこと。望んでいるのは、仲間たちととにかく楽しく遊んでいたいだけなのに。瞬の親友たちは、犯罪歴のある父(永瀬正敏)を持つ隆造(田代輝)や、いじめを受けながらも映画監督になる夢を持つ西野(岩田奏)など、様々なバックボーンを抱えて苦悩しつつも懸命に明日を夢見る少年たち。それぞれの家庭環境や大人の都合、学校でのいじめや不良中学生からの呼び出しなど、抱えきれない問題が山積みだ。ある日、瞬は、いじめを見て見ぬ振りしてまう。卑怯で弱虫な正体がバレて友人たちとの関係はぎくしゃくし、母親の乳がんも再発、まるで罰が当たったかのような苦しい日々が始まる。大切な仲間と己の誇りを獲得するために、瞬は初めて死に物狂いになるのだった。

地域ばなし・プロダクションノート

飛騨市の全面協力体制のもと、多くのシーンが飛騨市でロケーション撮影されています。

坂井プロデューサーは、1988年という時代設定に合うロケ地を探しており、飛騨市を訪れて「その懐かしい風景にタイムススリップしたような感覚を覚えた」とコメントしています。 足立紳監督も撮影の約1年前に飛騨市を訪問し、時代設定に合う古い建物、街並みが残っていることに加え、足立紳監督が少年時代を過ごした鳥取県の町にも似ていて、イメージ通りであることから飛騨市でロケーション撮影することが決まりました。

「地獄トンネル」や、ラストシーンに瞬が走る「線路」など、本作品の象徴的な場所は、ロケハンを経て脚本に書き込まれています。ロケ地ありきで生まれた場所です。

瞬が隆造を乗せた列車を追いかけるシーンは、2006年に廃止となった旧神岡鉄道の現存する線路で実際に列車を走らせてロケーション撮影されました。

足立紳監督は、今は亡き、相米慎二監督に師事していましたが、本作では相米監督のトレードマークである長回しをふんだんに活用して、子どもたちのイキイキとした姿を捉えています。

ロケ地

岐阜県
飛騨市:神岡小学校、古川西小学校、瀬戸川白壁土蔵街、レールマウンテンバイクGettanGo!!「まちなかコース」、料亭旅館八ツ三館、味処古川、橋場商店、キノコ休憩所、飛騨古川ヤナ

映画にちなんだもの

少年時代、仲間、弱虫、卑怯、いじめ、線路、トンネル、エロ本、オオサンショウウオ、ネコ(猫)、映画雑誌「スクリーン」、カツアゲ、駄菓子屋、自転車、学習塾、通知表、乳がん、ヤクザ、映画「サイクロンZ」、映画「エマニュエル夫人」

映級グルメ

映画に出てくるグルメ:チャーハン、ソーセージ、カール、麻婆豆腐、フカヒレ、菓子パン(チョココロネ)、カップ酒

支援

ロケーション協力:
飛騨市、飛騨市消防本部、飛騨市教育委員会、飛騨市立神岡小学校、飛騨市立古川西小学校、NPO法人神岡・町づくりネットワーク、レールマウンテンバイクGettanGo!!、株式会社溝口建築、牛丸石油株式会社、橋場商店、有限会社三和砕石、株式会社古川石油、料亭旅館八ツ三館、味処古川、株式会社佐藤兵衛商事、ビレッジハウス・マネジメント株式会社、前田本店、株式会社匠和組、株式会社洞口、有限会社ワカタオートサービス、北日本国際事業協同組合、奥穂飯店、他。

特別協力:
東海理研株式会社、M’s PLANNING OFFICE株式会社、株式会社ナガセスッポン養殖場、柏木工株式会社、飛騨信用組合、ワットグループ、中部テレコミュニケーション株式会社

製作協力:飛騨市、飛騨市ロケおもてなし隊、レールマウンテンバイクGettanGo!!

キャスト

池川侑希弥、田代陽、白石葵一、松藤史恩、岩田奏、蒼井旬、坂元愛登、臼田あさ美、浜野謙太、新津ちせ、河井青葉、永瀬正敏、飛騨市民の皆様、他。

スタッフ

監督:足立紳
脚本:松本稔、足立紳
製作:與田尚志、佐藤晃子、坂井正徳、狩野善則
プロデューサー:佐藤現、坂井正徳、足立晃子
共同プロデューサー:狩野善則
原作:足立紳
音楽プロデューサー:津島玄一
音楽:海田庄吾
主題歌:インナージャーニー「少年」(鶴見 river records)
撮影:猪本雅三、新里勝也
照明:山本浩資
録音:臼井勝
美術:高橋俊秋
衣装:宮本茉莉
ヘアメイク:大宅理絵
特殊メイク:飯田文江
造形:飯田文江
編集:堀善介
助監督:松倉大夏
スクリプター:渡邉あゆみ
スチール:内堀義之
制作担当:柳澤真
ラインプロデューサー:仙田麻子

作品データ

ゆかりの地図

飛騨市
飛騨市

戻る
作品検索 タイトル・人・etc.
作品
映画のなかの
建築
インタビュー
予告編
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図で探す